(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
[画像のクリックで拡大表示]

 マーベル・コミックが生んだ人気ヒーロー作品を実写映画化した『X-メン』。2000年7月に全米公開されたシリーズ1作目となるこの映画で、ミュータントのウルヴァリン役を演じて以来、ヒュー・ジャックマンは17年間にわたって『X-MEN』シリーズのウルヴァリンを演じてきた。そのジャックマンが同役を演じる最後の作品となる『LOGAN/ローガン』が6月1日についに封切られた。

 ウルヴァリンといえば、両手の甲から飛び出す切れ味鋭いアダマンチウム製の爪6本を武器に戦う姿と、どんなに大ケガをしてもそれを治してしまう自然治癒能力が有名だ。これまでのシリーズでも幾度となくその爪で敵を倒し、治癒能力で絶体絶命のピンチを切り抜けてきた。だが、最後の登場作品となる本作での彼は、屈強だった過去を微塵も感じさせないやつれ果てた姿となっている。

(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
[画像のクリックで拡大表示]