(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 前後編2部作となる『3月のライオン』がいよいよ公開となる。

 本作は人気マンガ家・羽海野チカ原作の同名人気コミックを、神木隆之介が主演した『るろうに剣心』シリーズで知られる大友啓史監督が実写映画化した話題作。羽海野チカの作品では『ハチミツとクローバー』がフジテレビの深夜アニメ枠ノイタミナでアニメ放送後に実写映画化されているが、今回も土曜23時のNHKアニメワールドですでにアニメ化されている。

深い孤独を抱えて将棋を指し続ける17歳の愛と成長の物語

(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 主人公は17歳のプロ棋士・桐山零(神木隆之介)。将棋に関しては、史上5人目の中学生プロ棋士になったほどの実力を持つが、9歳のときに交通事故で両親と妹を亡くし、父の友人の棋士・幸田柾近(豊川悦司)の家に内弟子として引き取られる。しかし幸田が才能ある零を特別扱いしたことから、幸田の実子で4歳年上の香子(有村架純)と同じ年の歩と微妙な関係に。やがて居場所を見つけられないまま、ある事情から幸田家も出てしまった零は、東京の下町で一人暮らしをしながら将棋を指している。

 深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹、あかり(倉科カナ)、中学生のひなた(清原果耶)、末っ子の保育園児モモ(新津ちせ)と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。物語はこの三姉妹との交流や、ライバル棋士たちとの闘いを通して、零が深い孤独の中から愛を知り、本当に大切なことを見いだしていく様子を描き出す。

(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]