『るろうに剣心』を成功に導いた監督ならではの説得力

努力と鍛錬を絵に描いたようなA級八段のプロ棋士、島田開役の佐々木蔵之介 (C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
九段A級のプロ棋士で入院中の妻がいながら、零の義姉、幸田香子とつかず離れずの関係を続ける後藤正宗役の伊藤英明 (C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 ほかにも佐々木蔵之介演じる島田開役は原作にそっくりだし、伊藤英明扮する後藤正宗役もビジュアルがそっくりというわけではないが雰囲気は合っており、好評なのも分かる。豊川悦司演じる幸田柾近役、その娘の幸田香子役に扮した有村架純、史上初の7タイトル制覇を成し遂げた天才棋士・宗谷冬司役の加瀬亮など、必ずしもビジュアル的に似ているわけではないキャスティングも、この映画では見事なまでに説得力を持っている。

亡くなった友人の息子である主人公を引き取り、内弟子として育てるB級2組八段の将棋のプロ棋士、幸田柾近役の豊川悦司 (C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
プライドが高くて気性が激しく、プロ棋士を目指しながら父・幸田柾近に諦めさせられ、父と零に愛憎半ばの感情を抱く幸田香子役の有村架純 (C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
史上4人目の中学生プロとなり、最年少で名人に就位し、史上初の7タイトル制覇を成し遂げた天才棋士、宗谷冬司役の加瀬亮 (C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
B級2組六段のプロ棋士で将棋も性格も軽さが売りだが、実はマジメで後輩想いの一面もある三角龍雪役の中村倫也 (C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 背景には『るろうに剣心』シリーズを成功に導いた大友監督ならではの力があるかもしれない。『るろ剣』が実写映画化される際は、キャスト発表時にウェブ上で多くの批判が寄せられた。だが作品完成後は批判が賛辞へと変わった。

 Yahoo!映画のレビューでも2017年3月16日現在で5点満点のうち4.39点という高得点がついており、前編は春休み(3月18日公開)、後編がGW(4月22日公開)となっていることもあり、本作も『るろ剣』のように大ヒットしそうな気配が濃厚だ。

(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
『3月のライオン』
監督:大友啓史
原作:羽海野チカ
出演:神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶
配給:東宝=アスミック・エース
公開日:3月18日より前編、4月22日より後編が全国東宝系にて2部作連続公開
『3月のライオン』公式サイト

プロフィール

安部 偲

早稲田大学を卒業後、演劇活動を経てフリーライターとなり、映画とネットビジネスを中心に執筆。著書に「映画監督になるということ」(演劇ぶっく社)、「eビジネス用語 早わかり事典」(日本実業出版社)がある。2001年、有限会社キッチュを設立。現在、映画情報サイト「MOVIE Collection [ムビコレ]」や、アイドル支援サイト「アイドルcheck!」などを運営中。