(C) 2017 映画「チア☆ダン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 広瀬すずに中条あやみといった今をときめく若手女優が、元気いっぱいにチアのユニホーム姿でダンスを披露! そんな、まぶしいほどの青春物語に、見ているこちらまで元気をもらえる映画が、この『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』だ。

「恋愛禁止!」「おでこ全開!!」のスパルタ指導で全米制覇した女子高生たち

(C) 2017 映画「チア☆ダン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 本作は2009年3月に福井県立福井商業高等学校チアリーダー部「JETS」が、全米チアダンス選手権大会で優勝したという実話に基づくストーリー。多くのテレビや新聞などでも取り上げられた女子高生たちと、彼女たちを支えた1人の教師との絆を描いた青春サクセスストーリーとなっている。

 主人公は県立福井中央高校に入学した、友永ひかり(広瀬すず)。彼女は中学からの同級生、孝介(真剣佑)を応援したいという軽い気持ちでチアダンス部へ入部するが、待ち受けていたのは顧問の女教師・早乙女薫子(天海祐希)によるスパルタ指導。「全米大会制覇!」を目標に掲げている早乙女は、そのために部員に対して「恋愛禁止!」「おでこ全開!!」を徹底させる。

 この厳しい指導に、やる気のない先輩たちをはじめ退部者が続出。そうしたなか、ひかりは、チームメイトの同級生・玉置彩乃(中条あやみ)や紀藤唯(山崎紘菜)、東多恵子(富田望生)、永井あゆみ(福原遥)らとともに数々の困難を情熱と忍耐で乗り越え、3年の歳月をかけてついにチアダンスで全米大会を制覇する。

(C) 2017 映画「チア☆ダン」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]