ゴールデングローブ賞で最多7冠に輝き、日本時間2017年2月27日(月)に発表となる米国アカデミー賞でも作品賞含む最多13部門14ノミネートされたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が、見た人を次々ととりこにしている。

(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
[画像のクリックで拡大表示]

高速道路でいきなりミュージカルスタート!

 映画はのっけから楽しさ満載だ。

 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。物語はこの街の中心部に向かう渋滞中のフリーウェイ(高速道路)から幕を開ける。突然、ミュージカルがスタートするのだ。

 クルマから降りて、踊り出す人々を縦横無尽に追いかけるカメラ。音楽にあわせ、さまざまなダンスを繰り広げる登場人物たち。背景には渋滞に立ち往生するクルマの列とロサンゼルスの街が映り込む。しかも、これらすべてが、ワンカットで撮られているのだ。

(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
[画像のクリックで拡大表示]

 もう、このシーンが終わっただけで拍手を送りたくなるような楽しさ。そうして始まるのが、女優を目指すミア(エマ・ストーン)と、ジャズピアニストを目指すセブ(セバスチャン/ライアン・ゴズリング)との恋物語だ。

(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
[画像のクリックで拡大表示]

 映画スタジオのカフェで働くミアの夢は女優になること。しかし何度もオーディションを受けながらも、落ちてばかりだった。一方、売れないピアニストのセブもいつかはジャズの店を持ちたいという夢を持つが、店長(J.K.シモンズ)の選曲に従わなかったために、バーでのピアノ演奏の仕事をクビになってしまう。

 そんな2人が偶然の出会いを重ね、初めは反発し合っていたものの、いつしか夢を語り合い、恋に落ちていくあたりから、映画はいよいよロマンチックさを増していく。

(C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
[画像のクリックで拡大表示]