(C) 2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 ある日突然、この地球上から電気がなくなったら?

 そんなありそうでなかったテーマに真っ向から挑んだのは、矢口史靖監督。これまでに『ウォーターボーイズ』(2001年)、『スウィングガールズ』(2004年)、『ハッピーフライト』(2008年)、『ロボジー』(2012年)など、独自の視点で観客の好奇心をくすぐる映画を撮り続けてきた。その矢口監督が原案・脚本・監督を手がけた『サバイバルファミリー』は、ある一家族を中心に、電気がなくなったら人はどうなるのか、どうしたら生き抜けるのかを考えさせる映画だ。

電気も電池も使えないと何が起きる?

(C) 2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 主人公は東京で暮らす鈴木家の世帯主でお父さんの鈴木義之(小日向文世)。専業主婦のお母さん・光恵(深津絵里)、無口な息子・賢司(泉澤祐希)、スマートフォンがすべての娘・結衣(葵わかな)とマンション暮らしをしている。

 ある日、その鈴木家に緊急事態が発生する。朝起きたらテレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするモノすべてが完全にストップしていたのだ。

 この現象にプンプン怒りつつエレベーターも動かないので、渋々階段を下り駅へと向かったお父さんは、電車もクルマもバスもすべてが動いていないことを知る。さらにようやくたどり着いた会社も電気は通っておらず早々に全員退社。何があったのかといぶかりながらも1、2日でどうにかなるだろうと思いきや、どうやらこの騒ぎは単なる停電騒動に留まらない。1週間たっても電気は戻らず情報も遮断され、今、世の中で何が起きているのかも把握できないまま、ほかの家同様に食料と水不足に悩まされ始める鈴木家。ついにお母さんの父親(柄本明)が住む鹿児島へと避難することを決断する。

(C) 2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
[画像のクリックで拡大表示]
(C) 2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
[画像のクリックで拡大表示]