面白かった4位:レクサスLC&ホンダ・シビック

見えてきたジャパンプレミアムの行方

2017年3月に発売されたレクサス「LC」。写真は「LC500」
[画像のクリックで拡大表示]

 それから今年やっぱり日本人として気になったのは、日本ならではのプレミアム自動車。そう“ジャパンプレミアム”の行方ですな。

 台数としてはさほど出ませんが重要です。というのも逆にここ数年、日本車で売れるものといえば「プリウス」「アクア」「フィット」「ノート e-POWER」などのハイブリッド系コンパクトと、あとは「ノア」&「ヴォクシー」&「エスクァイア」や日産「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」などのミニバン。かたや高級セダンや高級SUV、高級クーペはドイツ車ほか輸入車勢に圧倒されまくりなのです。

 日本のメーカーも安くていいものだけでなく、高くて魅力的なものを作ってくれよ! と思っていたわけです。そうしたタイミングでついにひと皮向けた感とともに登場したのが、新型高級クーペのレクサスLC!

レクサス「LC」の全長×全幅×全高は4770×1920×1345mm。写真は「LC500h」
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年上半期で「小沢はそもそもこういう存在を待っていたのかも?」と1位に推したように、このクルマが提案したのは今までにない日本らしいエロカッコ良さ。個人的には昔でいえば浜美枝、今でいうなら米倉涼子のごとく、世界でも高く評価される日本の女優のような美しさであり、銀座の街角に似合うようなイメージがあります。

 全長×全幅×全高は4770×1920×1345mmと長くて低くてワイド。しかも、世界のラグジュアリークーペの代表格であるメルセデス・ベンツ「SL」の4640×1875×1305mmのサイズを超えているからすごい。

税込み価格は1300万~1450万円
[画像のクリックで拡大表示]

 中身もプラットフォームから一新し、滑らかな乗り心地とキレのあるハンドリングを両立。パワートレインもトヨタグループの伝家の宝刀を進化させた、3.5LV6を核とする新世代マルチステージハイブリッド搭載の「500h」と、スーパースポーツのレクサス「RC F」にも搭載される5L V8DOHCを搭載した「500」の二刀流。

 BMWメルセデスを超えたとはいわないまでも、確実に日本らしいエロカッコ良さを追求する方向に進化しています。

 その自信の度合がうかがえるのは、1300万円スタートの大胆な値付け。日本車なのに高すぎる! という人もいますが、なんですか“なのに”って! 小沢は逆に今の日本車は世界的には安すぎる部分もあると思ってます。こうやって自分が美しい、気持ちいいと思うモノをトコトン作り込んで、世界に自信を持って高く売り込むのもありでしょう。

[画像のクリックで拡大表示]