面白かった1位:トヨタ・ジャパンタクシー

22年ぶりに生まれたニッポンの新しい“足グルマ”

2017年10月23日にトヨタが発表した「ジャパンタクシー」。すでに街中でもよく見かけるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

 というわけで2017年、小沢が面白いと思った栄えある第1位はジャジャーン、トヨタ・ジャパンタクシー!! なにそれ? 普通の市販車じゃなくって、タクシー専用車じゃん!ってその通り。確かに例外的かもしれませんが小沢は思いました。2017年、われわれはコイツを評価しなくてなにを評価するのかと。

 まずトヨタ製タクシーとしては1995年の 「コンフォート」シリーズ以来の新車で、非常に貴重。同時に意欲的な技術チャレンジがたくさん盛り込まれてます。

 ユニバーサルデザイン(UD)タクシーということでミニバンフォルムを専用開発。骨格はシエンタですが、ヘッドライト回りといい、ドア回りといい、リアハッチといい完璧専用。特に耐久性に関わる足回りなんてほぼオールニュー。

ジャパンタクシーは国土交通省が推進するユニバーサルデザイン(UD)タクシーとして認定された
[画像のクリックで拡大表示]

 実際そのおかけでとんでもない足元とリアシートの広さを備えていて、それでいてサイズはシエンタ並みにコンパクトで使いやすい。一般的なミニバンにありがちな使いにくさはゼロです。後は驚異的な燃費性能でしょう。

 パワーソースは基本的にトヨタ・アクアやシエンタ用1.5Lガソリンハイブリッドと共用ですが、実は前代未聞のLPガス対応ハイブリッド。エンジン回りで流用してるのはブロックぐらいで、ヘッドからバルブ、バルブスプリングまで専用開発。

 どれだけ燃費がいいのか、実際に走っているジャパンタクシー運転手を直撃してビックリ。「今まで営業で4万円稼ぐのに40LのLPガスを使ってたのにジャパンタクシーは12L! 5万円稼ぐのに50Lだったのが15Lに激減した」とか。この方はかなり優秀ですが、燃料代は少なくともいままでのコンフォート系の半額になるようです。

[画像のクリックで拡大表示]