スズキは、新しく開発したハイブリッドシステムを搭載した「ソリオ」「ソリオ バンディット」を2016年11月29日に発売した。JC08モード32.0km/Lという低燃費をうたうが、これまでのマイルドハイブリッド車仕様とどうちがうのか。広さや快適性で月3000~4000台と一人勝ち状態のソリオが新たなハイブリッドを投入する意味とは? 小沢コージがさっそく試乗した。

【コンセプト】“ハイブリッド作りたい欲”の存在

電動車開発部・山本通泰エンジニア
[画像のクリックで拡大表示]

 「お客様が求めたと同時に、私たちも作りたかったんですよ」(スズキ電動車開発部・山本通泰エンジニア)

 先日ネットなどでも話題になったスズキ流ハイブリッドの第二弾であり、初の本格ハイブリッドでもある新型「ソリオ ハイブリッド」に乗ってきました。というのもその“立ち位置”がなんとも分かりづらく微妙な感じだったので。

 今まであったソリオ ハイブリッドは正しくは「ソリオ マイルドハイブリッド」であって、実は“なんちゃってハイブリッド”に近い存在でした。というのもおおもとはスズキの軽自動車に搭載されている「Sエネチャージ」というプチ電動技術で、モーター最大出力はわずか3.1psだしリチウムイオン電池容量もたったの36Wh。

 EV走行はまったくできなかったし、モーターアシストも実感できるかできないかというレベル。それより減速時に回生ブレーキで蓄電、そのエネルギーを走行中にヘッドライト照射などに使うことにより、エンジンパワーをすべて加速に費やせて速い! そういうライトでマイルドなハイブリッドだったわけです。

 一般に語られるハイブリッドカー、いわゆるストロングハイブリッドはモーター出力がトヨタ「アクア」が61ps、「プリウス」で72psとエンジンとほぼ同レベル。乗った感じもEV走行はできるわ、モーターの透き通ったパワーもたっぷり味わえるわと、まさに半分EV的なクルマです。

スズキ「ソリオ バンディット マイルドハイブリッド」のイメージ図(画像提供:スズキ)
[画像のクリックで拡大表示]