【インプレッション】予想以上に違和感のないFFセダンスタイル

[画像のクリックで拡大表示]

 まず驚かされたのが見た目の良さであり、自然さでしょう。2シリーズ アクティブ ツアラーのようなミニバンっぽさやFF化したコンパクトSUV「X1」のような違和感はありません。

 キモはおそらくボディーサイズにあり、現行1シリーズより長い、全長×全幅×全高=4456×1803×1446mmの伸びやかさ。言われなきゃFFセダンと気付かないほど。

全長×全幅×全高=4456×1803×1446mmで「普通に小さめのBMWスポーツセダン」に見える
[画像のクリックで拡大表示]

 前後ナナメから見ている限り、「普通に小さめのBMWスポーツセダン」に見え、個人的にはアウディ「A3」やVW系セダンより好印象。なぜなら3シリーズは日本じゃやや大きすぎ、手ごろなBMWが求められているからです。

 唯一、FFだなと感じたのは真横から見たときの印象で、微妙に寸詰まり感あり。とはいえ不自然に長いフロントオーバーハングもなく、均整は取れています。

均整は取れている
[画像のクリックで拡大表示]