9月29日に発売された「ステップ ワゴン スパーダ ハイブリッド」。2015年の5代目「ステップ ワゴン」発売から2年が経っての登場なわけだが、小沢コージが“もっと前に出すべきだった”という理由とは。

【コンセプト】人もクルマも伝え方8割? なのかも

ホンダ「ステップ ワゴン」に専用外装を装着したカスタム仕様の「ステップ ワゴン スパーダ」。今回のマイナーチェンジで2モーターのハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 つくづく人もクルマも伝え方が8割! 最近のホンダはやっぱり伝え方がヘタだし、ぶっちゃけもったいない!! と思いましたわ。デビューから約2年が経って、やっと追加されたホンダ待望の「ステップ ワゴン スパーダ ハイブリッド」。

 ステップワゴンといえばご存じ1996年にホンダが生み出した元祖5ナンバー箱型ミニバン。当時、乗用車ベースにこれだけスペース効率を追究したファミリーカーもなく「♪子どもを連れてどこ行こう~」のコピーと共に大ヒット。小沢の記憶じゃ初代、2代目ぐらいまではぶっちぎりの大人気でしたが、ステップワゴンが片側スライドドアにこだわってるウチに失速。トヨタ「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」や日産「セレナ」に徐々に追い抜かれ、特にトヨタ勢にハイブリッドモデルが出てからは厳しさ10倍。3位グループに甘んじておりました。

ホンダの初代「ステップワゴン」(写真)は1996年に登場。元祖5ナンバー箱型ミニバンとして大ヒットした
[画像のクリックで拡大表示]