【小沢コージの勝手なる提言】もう二度と軽で負けたくないホンダ

 というわけでとても軽自動車の2代目とは思えないほど全域で進化を遂げているN-BOX。しかも、これがすでに大ヒット中のモデルなだけに、ホンダ開発陣の異様な力の入れ具合に違和感すら覚えますが、理由は大きく分けて2つあります。1つは今までのホンダの軽自動車には負け続けてきた歴史があり、N-BOXが出るまでは「ホンダらしい軽」の呪縛に囚われていた事実です。

 いい例が1990年代の2代目「ライフ」や同「Z」、2000年代に出た「That's」でどれも個性的で面白いものの爆発的に売れたことがない。なにしろホンダの軽はN-BOXが出る直前は、スズキやダイハツのみならず、三菱と組んだ日産にまで全体セールスで負けかけていたのです。しかし初代でN-BOX一発大逆転。今や日産はおろかダイハツやスズキも凌駕する人気を得たので、このポジションは絶対に守りたいのです。

 2つ目は、ホンダがやっとつかんだ軽自動車成功の新方程式です。初代N-BOXがなぜここまで売れたのか? 一番大きいのは前述した「ホンダらしい軽」の呪縛から逃れたことで、N-BOXの発想はズバリ、ダイハツ・タントの二番煎じです。背を限りなく高くし、軽とは思えない室内やラゲッジの広さを獲得したスーパー・ハイトワゴン・コンセプトで、そこには個性を重んじるかつてのホンダのプライドは感じられません。ワイルド系のカスタムという用語ですらダイハツから拝借したものなのです。

[画像のクリックで拡大表示]