ホンダセンシングを全車標準装備

フロントピラーの見え方を、従来モデルに対し約27mm細くしているという。またサイドビューサポートミラーは、従来モデルに対し上下2段のミラー配置を逆に設定している。上段ミラーが左前輪の前方、下段ミラーが助手席側ドアの下付近を映す構造になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 最後にもう一つ、新N-BOXで注目すべきは装備やディテールで、前述した全車LEDライト化だけでなく、なんと今回先進安全支援装置の「ホンダセンシング」を全車標準装備。いわゆる衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、追従式オートクルーズ機能を備えるだけでなく、N-BOXに関しては後方誤発進抑制機能も装備。これはほかのホンダ車と比べても思い切った充実ぶりです。

 そのほか装備ではありませんが、フロントピラーを細くして視界を稼いだのも見逃せないポイント。まさにありとあらゆるポイントに新技術を投入したかつてない全力投球&マン振りのフルモデルチェンジ。それが新型N-BOXの最大のミソなのです。

車内に取り付けられたリア・アンダー・ミラー
[画像のクリックで拡大表示]