2018年6月26日に、トヨタは新型「クラウン」、新型「カローラスポーツ」の発表に合わせて、全国7会場でイベント「THE CONNECTED DAY」を同時開催した。大々的な発表を受けてもなお、実際に何ができるのか、なかなか伝わってこない部分がある「トヨタ コネクティッド」を小沢コージが試した。

【コンセプト】イメージ先行型のコネクティッド報道

 結局のところどれだけ使えるのか? と思っていました。話題の「トヨタ コネクティッド」。今回、世界最長老高級セダンの15代目「クラウン」と、世界のベストセラーカーの12代目「カローラ」という二枚看板を同時発表。両車を初代コネクティッドカーとしてまで訴えたかった新世代の「つながる性能」。実際問題、走るスマホにどれだけ近づいたかですが、報道だけ見ているとこれがなんとも分かりにくい。

 正直イメージ先行型で「つながれば、クルマが変わる。クルマと人の関係が変わる。安心が、街が、暮らしが、未来が、変わる。つながれば、世界はもっと面白くなる」と銘打って行われた6月26日のザ・コネクティッドデイでは「100年に1度の大変革期」の危機感と豊田章男社長の「この指止まれ!」のユニークジェスチャーは印象的だったのですが、肝心のつながる機能は、今ひとつディテールが伝わってこず。

全国7会場で同時開催されたイベント「THE CONNECTED DAY」に登壇した豊田章男社長
[画像のクリックで拡大表示]