【インプレッション】カローラとは思えないセクシーフォルム!

全長×全幅×全高は4370×1790×1435mmでセダン&ワゴンに比べると別物のダイナミックさ
[画像のクリックで拡大表示]

 まずビックリしたのはデザイン&サイズです。全長×全幅×全高が4370×1790×1435mmと、かつてカローラの兄弟車にしてはビッグだった5ドアハッチバック「オーリス」より絶妙にワイド&ローになってます。カローラのセダン&ワゴンに比べると別物のダイナミックさ!

 マスク&フォルムも圧倒的にセクシー化。ソリッドな水色ボディーだったこともあり、斬新な“デビルマンマスク”が効いてる効いてる! リアの造形もかなり立体的で、スレンダーな日本人体形がいきなりボン・キュッ・ボンのメリハリ体形になったよう。

マスク&フォルムも圧倒的にセクシーになった
[画像のクリックで拡大表示]
リアもかなり立体的な造形に
[画像のクリックで拡大表示]

 細かく言うとタイヤも普通に16インチホイールを履いており、世界のハッチバックに負けないしっかり感。まさに“セクシーカローラ”の誕生です。

 さらに全体のデッサンというかデザインイメージが同じくCセグメントの「プリウス」よりオーソドックスなのもステキ。いろんな意味で新型カローラ ハッチバックは売れる要素が意外なほどそろってます。

16インチホイールを履いている
[画像のクリックで拡大表示]