サマータイヤでもかなりドロ道を上れる!

[画像のクリックで拡大表示]

 加えてXVの注目はこのインプレッサ&XVシリーズで初めて取り入れた「Xモード」。いわゆる悪路専用のドライブモードで、フロアのスイッチを入れれば時速30km以下で、四輪のどれかが空転し始めたところで自動でそのタイヤのブレーキのみつまみ、駆動力を最大限発揮させてくれます。これが今回試した軽井沢の雪解け直後のスキー場で効果絶大。夏タイヤを履いたまま、結構な登坂力を発揮してくれました。

[画像のクリックで拡大表示]

 最後にエンジンですが、今回154psの2L直噴フラット4と115psの1.6Lフラット4の両方を試しましたが、小沢的にはやっぱり2Lのほうがオススメ。1.6Lも出足は悪くないのですが、2Lのほうが伸びるし、直噴システム搭載で燃費も良いという。その分、車両価格は248万円台スタートと安くないですが、XVはインプレッサ同様前述アイサイト3と歩行者エアバッグを全車標準装備。事故を起こしたらいくらかかるかを想像すれればそれくらいの投資は全く高くないはずです。

[画像のクリックで拡大表示]