セクション4:高速下り──e-POWER巻き返したがやはりトヨタ強し!

箱根湯本から小田原厚木道路、東名道路を通って用賀インターまでの約65kmは基本的にずっと緩やかな下り道
[画像のクリックで拡大表示]

 はたしてラストファイト! 箱根湯本から小田原厚木道路、東名を通って用賀インターに至る65km区間ですが、ここは基本ずっと緩やかな下り。ここではやはりローパワー走行効率に優れるセレナ e-POWERが徐々に巻き返し。用賀にゴールした時点ではセレナ16.8km/L、ノア17.7km/Lでその差は0.9km/L! 区間燃費を取ったら逆転してたと思いますが相当縮めてきました。

 おそらくセレナはかなりの割合でエンジンを休ませていたと思われます。比べるとトヨタTHSIIは根本的ともいえる、常時エンジン駆動のデメリットが出たのかも?

 とはいえこれだけ山道をアップダウンし、途中撮影なんかで止まったりして、トータル17.7km/Lってやはりすごい。もっと平地を中心に高速をタラタラ走った場合には19km/L台も見えてくるわけで、やはりトヨタハイブリッドの底ヂカラを感じた次第。スペック見てるだけじゃ分かりません。

用賀に戻った時点で「セレナ」16.8km/L、「ノア」17.7km/Lでその差は0.9km/Lと縮まっていた
[画像のクリックで拡大表示]
トヨタ「ノア ハイブリッド」はやはり強かった
[画像のクリックで拡大表示]
日産「セレナ e-POWER」は下り坂でかなりエンジンを休ませていた模様
[画像のクリックで拡大表示]