セクション1:高速上り──いきなりトヨタHVが先勝!

 いよいよセクション1の東名高速ですが、簡単に言っちゃいますといきなりトヨタ・ノア ハイブリッドが先行しました。中間計測地点は54km先の中井パーキングですが到着時はセレナ16.7km/Lでノア18.4km/L! 1.7km/Lも離されてます。

中井パーキングでの計測では日産「セレナ」が16.7km/L、トヨタ「ノア」が18.4km/Lだった
[画像のクリックで拡大表示]

 基本ゆるい登り坂が続く東名下り。感覚的にはノアのほうがアクセルを踏み込んだときのトルクに余裕が感じられて好印象。パワースペックはどちらも136psですがエンジンパワーとモーターパワーを合算するトヨタ方式にアドバンテージを感じた次第。やはりトヨタ強し!

 一方のセレナですが、そうはいっても高速加速に思ったほどの不満は感じません。燃費スペックの良さをエンジニアに聞いたところ、街中を走る主婦を中心に考え、加速を抑えたとのことでしたが、普通に使えます。とはいえ高速でもガンガンに踏んでいくスピード狂にはやはり向いてないでしょう。

上りになっている場合、エンジンパワーとモーターパワーを合算するトヨタ方式にアドバンテージあり
[画像のクリックで拡大表示]

 実際、さらに登りがきつくなる中井─御殿場インター間を終えるとセレナ14.9km/Lでノア17.0km/Lと差は2.1km/Lにまで拡大。パワーの必要な高速ロングドライブはやっぱりトヨタハイブリッド強しです。

日産「セレナ e-POWER」も高速での加速にさほど不満はないものの、加速は抑えられている
[画像のクリックで拡大表示]