日産自動車のミニバン「セレナ」の電動パワートレイン搭載車「セレナ e-POWER」が発売されて1カ月半。「もしやヴォクシー&ノア超えも?セレナe-POWER」で試乗インプレッションはお届けしたが、今回は燃費テストで気になる「ノア ハイブリッド」とガチンコ勝負! 電気自動車(EV)ゆずりのハイブリッドシステムを持つe-POEWRは、トヨタのハイブリッドに勝てるのか。はたして結果は?

【コンセプト】注目の国民的ハイブリッドミニバンはどっちが燃費イイ?

 久々、ガチンコ燃費バトルの季節がやってまいりました。それは日産「セレナe-POWER」VSトヨタ「ノア ハイブリッド」!

 どちらも日本を代表する箱型ミニバンであり、ファミリーカーとしては1位、2位を争う人気者。事実直近3月の日本自動車販売協会連合会の月間販売データを見るとセレナはなんと1万5000台超えの3位で、トヨタ勢は1万2000台超えの6位「ヴォクシー」に兄弟車ノア、「エスクァイア」を加えると実に2万4000台超えで、コンパクトの「ノート」や「プリウス」まで超えてぶっちぎりの1位。

 何度も言ってますが、日本で実質一番人気はこのジャンルともいえるわけです。少なくともファミリーカーとしては、間違いなく基本5ナンバーの箱型ミニバンが日本の代表格!

日産「セレナe-POWER」(左)とトヨタ「ノア ハイブリッド」(右)の燃費バトルを行った
[画像のクリックで拡大表示]