高級SUV、レクサス「RX」の3列シート車「RX450hL」が2017年12月に発売された。これまでは大きな潮流ではなかった3列シートSUVだが、同じく昨年12月に登場したマツダ「CX-8」が300万円台からという価格とミニバン並みに広い車内で人気となり、急激に注目度を上げている。そんななか、小沢コージはRX450hLをどう評価する?

【コンセプト】ついにミニバンにも本格後継者が出現!

3列シートを採用したレクサス「RX450hL」(税込み769万円)
[画像のクリックで拡大表示]

 世の中、たいして変わってないようで、着実に移り変わってゆくものです。例えばファミリーカーの世界なんかも。

 1980年代はトヨタ「マークX」のようなミディアムセダンがバカ売れしてました。その後、売れ筋はいつしかスバル「レガシィ」のようなステーションワゴンに変わり、一部クロカン4WDなどを経て、最近は3列シートミニバンの人気が続いていました。

 3列シートミニバン全体として今は伸びてませんが、売れ行きトップの箱型ミニバン、トヨタ「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」の3兄弟を合計すると月販台数は時に「プリウス」や「アクア」を超えるレベルに。

 親子3世代で使えるファミリーカーはもはや3列シート車が標準で、なかなか5人乗りはメインにはなり得ません。特にこの狭い日本では。

 一方で大人数が乗れる3列シート車としてはミニバンを超えるものがなかなかなく、小沢は当分この傾向が続くと考えていました。