2016年2月5日に発売されたホンダのミニバン「オデッセイ」「オデッセイ アブソルート」のハイブリッドモデル。「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」の搭載でどう変わったのか? 小沢コージがレポートする。

【コンセプト】このサイズでこの燃費はハンパない!

[画像のクリックで拡大表示]

 コイツはかな~りすごいわ。不肖小沢、マジで結構ビックリしました。そう、今回東京から長野の菅平高原まで往復した新型「オデッセイハイブリッド」であーる。走りの質感もさることながら実燃費の良さにビックリだ。

 今回はラッキーにも週末をまたいて数日間借りることができ、一般道から高速道路、一部渋滞まで体験できたが、なんだかんだトータル945km走ってメーター計測燃費は16.6km!! それも撮影でエンジンをかけたり止めたり、細かく動かした時間も含めてのトータルな実燃費だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 最新のコンパクトハイブリッドしか知らない人なら「え、そんなもんなの?」と思うかもしれない。今や実燃費20kmくらいは当たり前だからだ。

 しかし、オデッセイハイブリッドは最大8人乗りで全長4.8m台、車重1.8トンレベルの十分なラージクラス。この“物量”でもって実燃費16km台はハッキリ言って素晴らしい。

[画像のクリックで拡大表示]