スズキのコンパクトクロスオーバー「イグニス」が、2016年2月18日に発売された。全車小型のモーターと小容量のバッテリーで走行をアシストするマイルドハイブリッド仕様で価格は138万2400円~177万8760円。AセグメントながらBセグメントのトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」などのライバルになると目される、このクルマの狙いとは?

【コンセプト】本質は新ニッチコンパクトの創造

[画像のクリックで拡大表示]

 つくづくスズキは面白いメーカーだ。先日出たばかりの新型「イグニス」であーる。とりあえず「軽SUVの『ハスラー』とコンパクトSUV『エスクード』の中間」という触れ込みなので、「東京モーターショー2015」で見たスタイルを思い出しつつ、そうだったっけなぁ? という気持ちで試乗会に行くと

 「正確に言えばライバルはいません。私たちはSUVのスタイルも含めて新しいセグメントと考えています」(小岩井信アシスタントチーフエンジニア)

 そうなのだ。スタイルは単なるコンパクトSUVというより最近好調のスズキならではの個性派。ロボットっぽい目ヂカラを備えたフロントマスクが印象的で、前後フェンダーは膨らみ、全高も少し高めとはいえ、典型的なSUVムードは薄い。極端な大口径タイヤもワイルドなアンダーガードも備えていないのだ。

 フロントとはちょっと印象が違うのがサイド以降で、窓枠のエグれは去年登場のアルト同様の骨太ドイツ車テイストだし、スパッと切り取られたリアがまた個性的。

 ボンネット両サイドについている小さなエアインテークや、角張ったリアエンドにSUVらしさは多少あるが、それ以上にやっぱり新しい個性派コンパクト。公表はされてはいないが、もしかして基本デザインを描いたのはウワサの元アウディのあの人なのかもしれない。

[画像のクリックで拡大表示]