2018年5月にも日本で発売される予定のBMWの新型コンパクトSUV「X2」。アウディ「Q2」やボルボ「XC40」などユニーク・デザインカーのライバルかと思いきや、どうやらそうでもないらしい。小沢コージがひと足早く試乗した。

【コンセプト】ウチはアウディQ2、ボルボXC40とは違います!

 少々意外な返事が返ってきました。そう、ひと足早くポルトガルで乗ってきた注目の新型コンパクトSUV、BMW「X2」。

 昨年あたりからネットニュースに出まくってるので、知ってる人も多いと思いますが、一見、今どきのスタイリッシュSUV。欧州では2018年2月、日本には5月ごろ投入の予定で、その金メダルっぽいゴールドのボディーカラー(ガルバニックゴールド)やグレーの樹脂バンパーがいかにもポップでガジェット風。

 既存の自動車のカテゴリー分けから飛びだそうとしている最近のアウディ「Q2」やボルボ「XC40」、これから日本に上陸するフォルクスワーゲン「T-Roc」などに近い印象を受けます。

 ところがプロジェクトリーダーのユリウス・シュルップコッテン博士に「いよいよBMWもこの市場に」と問い掛けると、怪訝(けげん)そうな顔で「私たちにはこちらの路線を、というようなものは一切ありません。X2は全く新しく生まれた発想とコンセプト」と反論されました。またまたカッコいいこと言っちゃって! と思いきやどうやら割と本心みたい。

デザイン統括のトーマス・シチャ氏(左)と小沢コージ
[画像のクリックで拡大表示]