【小沢コージの勝手なる提言】おっさんキュートはもっと通用用する!

 聞くところによると、ハスラーの名前を残す残さないでは社内でも結構な議論があったとか。それはその名が確かにブランド化しているから。日本で4年間も売り、約36万台ぶんのユーザーがいるわけですから。実際に軽サイズじゃ満足できなくなる人もいると思うんですよ。もうひと回りデカいのが欲しいな、と。

 さらに小沢は勝手に思いましたが、ワゴンRには確かに軽のチープなイメージもあったかもしれないですが、ハスラーはポップな遊びのイメージもあるから、クロスビーではなく例えば「ハスラー2」でも悪くなかったのではないかと。まさに映画みたいではありますが(笑)。

 ただし、これは日本国内に限った話。英語圏においてハスラーという言葉にはかなり強い「ならず者」的な印象があり、将来を考えるととても使えなかったそうです。残念。

 とはいえハスラーデザインが持っているおっさんキュートさを拡大し、より広めるのは大賛成。この誰からも愛される、やり過ぎないキュートさは高い可能性を持っていると思います。同業者の中には「ハスラーをBMWミニみたいなブランドにしたほうがいい」という人すらいましたから。

 1つだけ心配があるとしたら、スタイルにあの妙に幅の狭い、軽枠に無理やり閉じ込めたような歪曲感、いびつさがないことでしょうか。

 その結果生まれたクロスビーならではの“伸び伸びデザイン”には好感を持てるけれど、それが普通っぽいと見なされてしまう心配も多少あります。

 とはいえ小沢的には絶対売れるはずだと! ダメだったら…ワタシが買いますよ中古でね(笑)。

[画像のクリックで拡大表示]
スタイル★★★★
実用性★★★★★
★★★★

プロフィール

小沢 コージ

自動車からスクーターから時計まで斬るバラエティ自動車ジャーナリスト。

連載は日経トレンディネット「ビューティフルカー」のほか、『ベストカー』『時計Begin』『MonoMax』『夕刊フジ』『週刊プレイボーイ』、不定期で『carview!』『vividcar』などに寄稿。09年10月から10年3月までTOKYO MXテレビで毎週土曜夜11時に放映した『アンダーステア』のパーソナリティとしても活躍。近著に「アンダーステア DVD Vol.1 スーパースポーツ編」がある。愛車はロールスロイス・コーニッシュクーペ、シティ・カブリオレなど。

ブログ「小沢コージでDON!!」も随時更新。

 プロデュースした単行本「つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた」が集英社よりに発売中(Amazonで購入はこちら)。

 最新刊は2013年5月20日に発売された「車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本」(宝島社)。