インテリアは確実にハスラーよりハイクオリティー

 そしてエクステリア以上に気に入ったのはインテリア。直線基調のハスラーもかわいかったけど、軽ならではの限界というか、独特のチープさもありました。あれがあのままクロスビーに移植されていたらやはり興ざめだったと思われます。

「ハスラー」よりもクオリティーが上がった「クロスビー」のインテリア
[画像のクリックで拡大表示]

 ところがクロスビーはフラットなハスラーの特徴を受け継ぎつつ、適度にハイクオリティー化。ぶっちゃけソフトパッドなどは使われてないし、ハスラーと同じくカラーパネルも使われてますが、質感といい造形といい、確実にパワーアップ。

 特にセンターのエアコンパネルやセンターナビモニターはオシャレだし、それでいて助手席前に棚が付いてるのも悪くない。本革巻きステアリングも自然にマッチしています。シートもサイズ、座り心地ともに軽自動車レベルではなく、完全に普通車のクオリティー。

エアコンルーバーやシフトパネルなどの加飾部品に、シルバー塗装とメッキを組み合わせている
[画像のクリックで拡大表示]
本革巻きステアリングも自然にマッチしている
[画像のクリックで拡大表示]