2017年10月に発売されたレクサス「LS」。1カ月での受注台数は約9500台と好調だというが、はたしてどんなクルマなのか。驚くほど変わったこのフラグシップセダンの詳細を小沢コージがお届けする。

【コンセプト】ええ? サングラスが天井につかえちゃう!

2017年10月に発売されたレクサスの新型「LS」(税込み980万~1680万円)
[画像のクリックで拡大表示]

 「僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る」

 正直ビックリしました。新型レクサス「LS」。そして冒頭の詩を思い出しました。高村光太郎の『道程』。自分の人生を自分の力で切り拓いていこうという心情を歌ったものですが、もしや今のLSであり、レクサスブランドの心境にピッタリではないのかと。そう、国内でも先日発売されたばかりの日本を代表する高級セダンの5代目のことです。

 新型の何にビックリしたかって今までにないとんがったスタイルと、そこから導かれる室内のタイトさ、なによりほかの何にも似ていないことを自ら課したことでしょう。