【チェックポイント4】X2にT-ROC、チョイ背高プレミアムもますます増える!

 それから小沢がこの1月にも乗ってくるBMWの「X2」とすでにドイツで乗ったフォルクスワーゲン「T-ROC」です。どちらもコンパクトなスタイリッシュSUVですが、このジャンルは日本では想像できないほど活性化してます。

2017年10月に発表されたBMW「X2」。2018年3月に欧州で発売予定(写真提供:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]

 ライバルにアウディ「Q2」、ボルボ「XC40」、トヨタ「C-HR」などがいるジャンルで、いずれもビックリするほどのポップデザイン。日本じゃ正直C-HR以外はさほど見かけませんが、北米、欧州、中国ではこのジャンルのSUVが伸びています。日本は立体駐車場の制限などもあり、世界に比べてSUVが伸びていませんが、一部ハッチバックの代わりにもなっておりチョイ背高プレミアムSUVは2018年の完璧なトレンド。

フォルクスワーゲン「T-ROC」
[画像のクリックで拡大表示]

 逆を言うと、日本は“ガラパゴス化”してしまう可能性もあります。なんせ米国や中国では乗用車のほぼ半分がSUVになりつつありますので。

 とはいえ日本でもスズキ「クロスビー」などユニークな新型SUVがデビューする予定で、プレミアムとは行かないまでもブームの兆しあり。すでに弟分の軽SUV「ハスラー」は定番化しており、世界とは少し違った方向で伸びていくのかもしれません。

スズキ「クロスビー」(写真は「東京モーターショー2017」で公開されたプロトタイプ)
[画像のクリックで拡大表示]