【チェックポイント2】半自動運転の旗手、日産プロパイロット2(仮)がどれだけ攻めてくる?

 もう一つの注目点、これはやはり日本では日産が2018年に出してくるはずの半自動運転のプロパイロット第2弾、「プロパイロット2(仮)」でしょう。現状この手で最も攻めてる日産は「2016年には同一車線自動運転、2018年には高速道路での自動車線変更を含む複数レーンでの自動運転、2020年までに交差点を含む一般道での自動運転技術を投入する」と宣言済み。2016年にはミニバンの「セレナ」最初のプロパイロットを投入したので、2018年には続編が出ます。

日産は自動運転技術「プロパイロット」の進化版を2018年に投入?
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ高速道路の車線変更だけだと、すでにメルセデス・ベンツやレクサスも導入しているのでさほど目新しくない。ステアリングを握ったまま、ウインカーを倒しての車線変更はさほどインパクトありません。半自動運転のリーダーを自認する日産は、はたしてどれだけ攻めてくるのか。それとも今回は他社の後追いでお茶をにごすのか。要注目です。

日産が「プロパイロット」の進化版で、どのようなアピールをするかに注目
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほか今やモーターショー以上に注目を集める新春ラスベガスのCES(Consumer Electronics Show)で、トヨタが「プラットフォーム3.0」なるものを発表しました。具体的にはクルマの回りを360度、それも200mの範囲まで正確にセンシングできるという技術を搭載した自動運転実験車で、もちろんすぐに市販化されるかどうかは分かりません。

米Toyota Research Institute, Inc.(TRI)はCESで次世代の自動運転実験車を発表。写真は新型実験車「Platform 3.0」(写真提供:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同時にアマゾンなどとも協業するという「e-Palette Concept」も発表しました。トヨタがこのような未来のデリバリーサービス、ライドシェアサービス対応のバスのようなコンセプトを描いていたとは驚きです。

 要するに2018年、小沢が2017年に日産プロパイロットのプロトタイプの進化ぶりに驚かされたように、トヨタもおそらくまた自動運転技術では攻めてくるのです。しかもこれは2016年に公表して話題になった人工知能技術の研究機関TRI(Toyota Research Inc.)が主導して開発したもの。2018年はこの手の未来技術がどんどん出てくるので、知識のアップデートがますます大変になってくると思われます。

「Platform 3.0」の本格的な製作は2018年春から始まるという(写真提供:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]