「深夜食堂」をモチーフにした実店舗も急増!

 検索サイトの「百度」や、口コミサイトの「大衆点評」や「美団」で「深夜食堂」を検索すると、「深夜食堂」をモチーフ、または店名そのものにした食堂が中国各地にあることが分かる。また、それらの多くが「日式」または「日本」とうたっていることから、日本料理を提供する店であることも推測できる。

 そうした店には、マンションの一室をカフェ兼食堂にしたところが多いのも特徴だ。マンションの一室を改装してカフェにしたり、カルチャースクールにしたり、民泊用にしたりといった動きは近年の中国におけるトレンドだが、「深夜食堂」をモチーフにした食堂もそれらの1つと言えるだろう。確かに、即席麺にちょっと調味料や食材を加えるだけ、ご飯にかつお節としょうゆを振りかけるだけでよいので「深夜食堂」風の店は手っ取り早い。

 とはいえ、ウェブサイトの紹介画像をチェックしてみた限りでは、店内に日本風の中古家具を置いて、そこに日本の書籍を何冊か並べた程度の殺風景な店が多いように思う。実際に筆者が訪れた店も、「ねこまんま」や「お茶漬け」「カレーライス」がメニューにあったものの、内装からは「深夜食堂」を本気で再現しようという熱意が感じられず、ブームに乗って飲食店を始めてみただけという印象だった。

 「深夜食堂」は、すしやてんぷらといったステレオタイプの日本料理とは違う日本の食文化を伝えるコンテンツとして成功したと思う。多くの中国人にとっては受け入れ難いものでありながらも、手軽でトレンディーであることから出店ブームに結び付いたのは面白い。「深夜食堂」ブームがどこまで広がるのか、そして定着していくのか、興味深いところではある。

マンションの一室にある、深夜食堂をモチーフにした食堂。メニューには、中国にはない「猫飯(ねこまんま)」などがある
[画像のクリックで拡大表示]
ショッピングモールで見つけた“深夜食堂風”の食堂。ただし食事は日本料理ではないようだ
[画像のクリックで拡大表示]

著者

山谷剛史(やまや たけし)

海外専門ITライターとしてライター業を始めるものの、中国ITを知れば知るほど広くそして深いネタが数限りなく埋蔵されていることに気づき、すっかり中国アジア専門のITライターに。連載に「山谷剛史の「アジアIT小話」」、「山谷剛史のマンスリーチャイナネット事件簿」、「中国ビジネス四方山話」など。著書に「中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立」(星海社新書)「新しい中国人 ネットで団結する若者たち」(ソフトバンククリエイティブ)など。