マンションの一室がゲーム施設に!?

 「真人密室逃脱遊戯」と呼ばれるリアル脱出ゲームが中国各地で急増している。ひと言で言ってしまうと「閉じ込められた部屋から脱出する」という遊びなのだが、出口の鍵や解錠番号を入手するには室内に仕掛けられたさまざまなパズルを解く必要があるのがポイントだ。

 中国メディアによれば、「真人密室逃脱遊戯」が登場したのは2013年ごろのようだが、この1、2年で再び大きな波が来ているように思う。施設としてはショッピングモール内にもあるのだが、むしろ高層マンションの一室を利用した小さな施設が急増している感じだ。料金は施設によってまちまちではあるが、だいたい1回につき100元(約1700円)前後となっている。

 口コミサイトの「大衆点評」や「美団」で「真人密室逃脱遊戯」を検索すると、こうした施設が街中にあることが分かる。最近、マンションの一室を趣味の教室や民泊用の客室、カフェなどに利用する動きが中国の都市部にあるが、「真人密室逃脱遊戯」用にリフォームするのもその一例と言えそうだ。

 もちろん、そういった内装を手掛けるリフォーム業者は中国全土に存在するし、またゲームで使用するボタンやパネル、発光装置などのギミック類もECサイトの「淘宝網(タオバオ)」で手に入る。

ショッピングモール内にある「真人密室逃脱遊戯」の施設
[画像のクリックで拡大表示]
大型の施設には複数のテーマが用意されている
[画像のクリックで拡大表示]
淘宝網にあるゲーム用仕掛け。価格は500元(約8500円)前後
[画像のクリックで拡大表示]