三越伊勢丹ホールディングスが官民ファンドの海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)と共同で取り組む「イセタン ザ ジャパンストア」が2016年10月27日、マレーシアの首都クアラルンプールに開業した。日本のものづくりが世界に飛躍する橋頭堡(きょうとうほ)になるのか。現地取材をもとに、2回にわたって検証する本企画。前回に続き、2回目は「食」を主なテーマに検証していく。

デパ地下を超える? 日本の食

 開業以来、最も人気を集めているのが、地下1階(LGF)の食のフロア「ザ・マーケット」だ。和洋酒から和洋菓子、総菜、パン、鮮魚、精肉、野菜、果物まで、世界から注目される日本の食を提案。老舗から地方の有力店、急速冷凍など最新技術を使った飲食店など、いまの日本を代表する食関連の店舗を集積した。

 なかでも、日本酒は各地の地酒などを含めて200銘柄をラインアップ。アセアン一の品ぞろえで、伊勢丹新宿店にも卸していない銘柄も販売する。さらに、その場で味わえるスペースをすべてのゾーンに配置。「日本のデパ地下にも見られないような体験型の実演とイートインスペースが集客につながっている」(同社広報)という。

 注目テナントは、予約のなかなか取れない料亭としても知られる京都の老舗料亭「木乃婦」。3代目の高橋拓児氏と、現代アートの彫刻家、名和晃平氏とのコラボによる同店ならではの懐石料理が味わえる。「伝統を守る老舗の料理人が現代アートの器を使うという、京都では絶対できなかったことに挑戦してくれた。海外だからこそ冒険できる。日本人も驚くような試みに取り組むことが、今後クールジャパンを広めていくうえでヒントになると思う」と、三越伊勢丹ホールディングス海外事業本部海外MD部の中川一部長は話す。

 

 デパ地下を中心に洋菓子専門店「アンリ・シャルパンティエ」を87店舗展開するシュゼット・ホールディングスもシンガポールに続き、海外3号店を出店。日本でしか食べられない生ケーキを味わえるのが売りだ。いまのところ価格は日本の約1.5倍で、日本と同レベルの価格まで抑えてマーケットを拡大していくのが今後の課題だという。

 群馬県の青果・総合食品卸の藤生は、8年前からアジアを中心に海外輸出をスタート。今秋、マレーシアに現地法人を設立し、小売業に参入した。「香港、マカオではミドル階級にも売れている。関税の高いフルーツから京野菜まで、今回の品ぞろえはかなり冒険だが、ストーリーを伝えながら安心、安全、おいしい日本の味覚を売っていきたい」(藤生の藤生浩道社長)と意気込む。

 ちなみに、5階(4F)のレストランフロアは、2017年1月に開業予定。寿司や焼き鳥、焼肉の名店などを導入し、本物の和食の味を提供する。

日本の食を提案する地下1階(LGF)は高級感漂うゴージャスで幻想的な内装デザインが印象的
[画像のクリックで拡大表示]
日本全国からいち押しの日本酒約200銘柄をそろえたコーナー。地ビールや日本産ワインも紹介
[画像のクリックで拡大表示]
京都の老舗料亭「木乃婦」は現代アートの名和晃平氏との協働によって日本では体験できない懐石料理を用意した
[画像のクリックで拡大表示]
芦屋の人気洋菓子店「アンリ・シャルパンティエ」は、シンガポールに続いてアジア3店舗目を出店
[画像のクリックで拡大表示]
先端冷凍技術やフリーズドライなど日本の食品加工技術を体験できるカフェ
[画像のクリックで拡大表示]
群馬の青果卸「藤生」は、ぶどう、柿、白桃などのフルーツや京野菜などを販売する
[画像のクリックで拡大表示]