三越伊勢丹ホールディングスが官民ファンドの海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)と共同で取り組む「イセタン ザ ジャパンストア」が2016年10月27日、マレーシアの首都クアラルンプールに開業した。日本のものづくりが世界に飛躍する橋頭堡(きょうとうほ)になるのか。現地取材をもとに、2回にわたって検証する。

 市内中心部のショッピングモール「LOT10」内で昨夏まで営業していたクアラルンプール伊勢丹LOT10店を全面改装。地下1階から地上5階(現地表示は4階)まで全館丸ごと“本物の日本”を発信するのが、イセタン ザ ジャパンストアだ。日本のものづくりと文化を世界に売り出す海外拠点として、とりわけ中小のメーカーやクリエーターから注目を集めている。

 26年前にクアラルンプールの事業に関わった経験を持つ同社の大西洋社長は、オープニングの挨拶で「マレーシアは東南アジアや中東からも多くの人が訪れる魅力的な商圏。日本各地の優れた商品、文化、サービスを世界に発信し、マレーシアと日本をつなぐ架け橋をめざす」と語った。

 国を挙げて取り組むクールジャパン事業は、ファッションやアニメをはじめとする日本の魅力ある商品、サービスの海外市場開拓を支援、促進するのが目的。同店は、三越伊勢丹グループの現地法人とクールジャパン機構が2年前に共同出資会社を設立し、約6000万RM(約15億円)を投じて完成させた。売り場面積は約1万1000平方メートル。初年度の入店客数は約140万人、売り上げ1億2500万RM(約31億円)をめざす。

クアラルンプール伊勢丹LOT10店を改装して新装オープンした「イセタン ザ ジャパンストア」。マレーシア国内では他に百貨店を3店舗展開している
[画像のクリックで拡大表示]
10月27日のオープン当日は開店前に約1000人が並んだ
[画像のクリックで拡大表示]