2017年12月16日、東京・恵比寿にカプセルホテル「ドシー恵比寿」が開業した。手がけたのは、スタイリッシュなデザインを売りにしたカプセルホテル「ナインアワーズ」5店舗を成田空港や京都などで展開するナインアワーズだ。同社によると、ドシーは従来のカプセルホテルの改装を基本とした新ブランドだという。

「ドシー恵比寿」(東京都渋谷区恵比寿1-8-1)は恵比寿駅から徒歩2~3分。年中無休。男性用102室、女性用60室で、宿泊料金は4900円~(税込み、以下、価格は全て税込み)。仮眠での利用は1時間1500円~。サウナのみ利用の場合は1時間1000円~
[画像のクリックで拡大表示]

 ドシー恵比寿はJR山手線・埼京線や地下鉄日比谷線の恵比寿駅から徒歩2~3分の場所にある。ビルの2~9階で、2階にフロント、3~6階が男性用フロア、7~9階が女性用フロアという構成。ナインアワーズの特徴である白や黒を基調とした都会的なデザインではなく、板張りの壁やコンクリートむき出しの床が目を引く。都会の宿泊施設というより、まるで山小屋のような印象だ。

3~6階が男性用フロアで、7~9階が女性用フロアという作り。女性用フロアは専用の鍵で開ける仕組みになっている
[画像のクリックで拡大表示]
女性用宿泊フロアのロッカースペース。右側の棚にはスーツケースも置ける
[画像のクリックで拡大表示]

 もともとこの場所にあった、別の会社が運営するカプセルホテルを改装したもので、カプセルユニットもそのまま使用している。クリーム色のカプセルユニットはやや年季を感じさせるが、寝具を一新しているので清潔感がある。特に女性用フロアの7~8階は光がよく入るので、明るい雰囲気だった。

女性用宿泊フロア。明るいクリーム色のカプセルが並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
カプセルは古いものをそのまま使用しているため、やや年季を感じるが清潔感がある。個室内にコンセントがあるほか、館内はWi-Fiが使える
[画像のクリックで拡大表示]
まるで山小屋のような雰囲気のトイレ
[画像のクリックで拡大表示]