2018年3月に迫った新商業施設「東京ミッドタウン日比谷」の開業(関連記事:ミッドタウン日比谷 立ち飲み充実、有隣堂の新業態も)。実はその向かいにある日比谷シャンテも、30周年を迎えてリニューアルを進めている。

 その第1弾とてして、2017年10月6日に1階東京宝塚劇場側に「キハチ カフェ」ほか4つの新店舗をオープン。既存店もリニューアルし、華やかな雰囲気になった。続く第2弾として、2017年12月7日、地下2階のレストランフロアが全面的にリニューアルオープンした。

リニューアル後の日比谷シャンテ地下2階のレストランフロア。全体的にシックな色調でまとめられている
[画像のクリックで拡大表示]
 

 東宝不動産経営部 東宝日比谷ビル営業室の長野行秀営業課長によると、今回のレストランフロアリニューアルの理由は2つあるという。一つは老朽化が進んだ厨房設備の一新。そのため、地下2階のレストランフロアを8月20日から全面クローズし、本格的な改修をしたという。

 もう一つは、客層の変化への対応だ。現在、日比谷シャンテに一番近い東京メトロの出口は東宝ツインタワービル。出口から徒歩30秒程度とはいえ、駅には直結していない。だが、2018年春には日比谷シャンテ地下2階と東京メトロをつなぐ連絡通路が完成予定で、日比谷シャンテにも連結しているシアタークリエにも雨に濡れずに行くことができるようになる。「これまでの日比谷シャンテのレストランフロアは観劇帰りの女性客が中心。メニューや空間もそれに合わせて構成していた。だが、地下鉄と直結することや向かいに東京ミッドタウン日比谷ができることにより、オフィスワーカーの利用が増大することが予想される。そのため、店舗作りの見直しが必要だと考えた」(長野課長)。

東京メトロとの連絡通路は、エスカレーターを降りたところにあるオーガニックレストラン「She(シー)」の奥にできる予定
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで全体的に、これまで弱かったアルコール類を強化。おつまみやランチ、テイクアウトメニューも増やしたという。今回のリニューアルでは新店舗として「She(シー)」「RingerHut TOKYO PREMIUM(リンガーハット トーキョープレミアム)」「梅梅(メイメイ)」「五穀(ゴコク)」の4店が新たにオープンし、既存店8店のうち3店舗が新業態に生まれ変わった。フロア全体もシックな色合いにして、昼と夜とで照明を変えるなどの雰囲気づくりをしているそうだ。はたして、日比谷ウォーカーの心をつかむ店をそろえることができているのか。

■変更履歴
初出時、「地下2階のレストランフロアはテイクアウトのフードが食べられるフリースペースもできた」と記載していましたが、飲食は控えてほしいとのことで、削除いたしました。該当箇所は修正済みです。[2017/12/14 17:50]