2007年3月の「東京ミッドタウン」(東京・赤坂)開業から11年後の2018年3月29日、三井不動産が手がける新たな複合施設「東京ミッドタウン日比谷」がグランドオープンする。2017年11月30日に開催されたメディアを対象とした発表会で、その概要が明らかとなった。

 三井不動産ミッドタウン日比谷事業室の豊蔵英介室長は「伝統ある映画・演劇のコンテンツやホテル文化を生かし、大人が楽しめる正統派の、銀座とはひと味違う街づくりを目指す」と抱負を語った。

 フロア構成は地下1階から地上7階までが商業ゾーン、6階の一部と8階以上がオフィスゾーン。商業ゾーンには計60店舗のテナントが出店予定で、そのうちの5店舗が日本初出店となる(飲食店は2店舗)。14店舗が商業施設初出店で22店舗が新業態だという。

 また4~5階には全11スクリーン、約2300席の「TOHOシネマズ 日比谷」が開業予定。隣接する東京宝塚ビル内の2スクリーンと一体になって運営することで、全13スクリーン、約3000席を誇る、都心最大級のシネマコンプレックスが誕生する。

2018年3月開業予定の「東京ミッドタウン日比谷」(千代田区有楽町1-1-2)。地上35階、地下4階、ペントハウス1階。敷地面積約1万700平米、延床面積約18万9000平米。店舗数は60
[画像のクリックで拡大表示]
設計責任者は英国を代表する建築事務所・ホプキンスアーキテクツ。柔らかな印象のファザードのコンセプトは「ダンシングタワー」。かつて日比谷にあった鹿鳴館からインスピレーションを受けたという。低層部では石造りのエッセンスを取り入れ、優美さを表現している
[画像のクリックで拡大表示]

 テナント60店舗の半分以上は飲食店。地下鉄3路線と直結するアクセス抜群の地下1階には、バラエティー豊かな8つの業態が集まる駅直結のフードコート「HIBIYA FOOD HALL(ヒビヤ フード ホール、仮称)」が出店。玄関口となる広場「日比谷ゲートプラザ(仮称)」に面した1階には、日本に初上陸の米国の人気レストラン「Buvette(ブヴェット)」が出店する。2階のレストランゾーンには海外で人気のモダン炉端焼きや天ぷらを出す立ち飲み店など、カジュアルで旬な飲食店を集める。

 これに対し、3階のレストランゾーンには京都の老舗料亭「瓢亭」の新業態など、高級店が集まっている印象だ。皇居外苑、日比谷公園から続く緑を眺められる6階には、人気飲食企業・バルニバービの新業態でハイクラス層を狙った約150席のレストランがオープンする。

 施設はまだ建設中だが、発表会で明らかになった注目ポイントを、飲食店を中心に紹介していく。

1階北側には階段のある劇場型の空間「日比谷ゲートプラザ」が整備される。映画・演劇等の国際的なエンターテインメントイベントを誘致、開催する予定だという
[画像のクリックで拡大表示]
伝統的な劇場空間を参考にした1~3階までの吹き抜けのアトリウムには、緩やかなカーブを描いた優雅な空間が広がる
[画像のクリックで拡大表示]