タニタのグループ企業であるタニタ食堂が運営するレストラン「丸の内タニタ食堂」が、6年ぶりに全面リニューアルを行った。

 これまではランチタイムとカフェタイムのみの営業だったが、2017年11月29日よりディナータイムの営業と、8種類の新メニューからなる「タニタの洋食ごはん」の提供を始める。価格は950円~1400円で、平均客単価は従来の900円から200円程度アップし、1100円程度になるという。

 また全国29カ所のタニタ食堂で初めて、アルコールの提供も開始。ビール(税込み550円、以下、価格は全て税込み)、グラスワイン(赤・白ともに500円)などをそろえる。

「丸の内タニタ食堂」(東京都千代田区丸の内3-1-1 丸ノ内国際ビルヂング地下1階)。営業時間はランチタイム11~15時、カフェタイム15時~17時半、ディナータイム17時半~22時。席数64。店内もリニューアルし、以前よりリラックス感のある内装に
[画像のクリックで拡大表示]

 同食堂は周辺オフィスで働くビジネスパーソンが社員食堂のように利用できるレストランを目指し、2012年にオープンした。タニタ食堂の上木知規社長によると、リニューアルの最大の狙いは顧客層の拡大。「2018年の1月でオープンから6年になり、のべ約40万人の利用者があったが、40~50代が中心。男女比では女性が多かった。若い層や男性に人気の洋食メニューを投入することで、さまざまな層の利用機会を増やしたい」と上木社長。また、タニタ ブランディング推進部の山本耕三部長は「ヘルシーな食事イコール味気ない、わびしい、おいしくない、というイメージが強い。今回のリニューアルでそのイメージを払拭したい」と意気込む。

すべてのメニューにサイドディッシュ2品、スープ、ごはんが付く定食スタイル。「ローストビーフ バルサミコと赤ワインのソース」(1250円)。455kcal、塩分3.1g。マイタケの酵素を利用して柔らかくした牛もも肉を使用し、通常のローストビーフより約100kcal抑えている
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によると、今回のリニューアルのポイントは「食事は楽しみの一つ」という観点だという。当然のことにも思えるが、確かに従来の同店のメニューは見た目にも薄味風でボリュームが少なく、あまり食欲をそそらないものもあった。今回のリニューアルは、健康に重点を置くあまり、食に楽しみを求める層への訴求が不十分だったことへの見直しでもあるのだろう。

 だが、タニタ食堂はこれまで定食で「エネルギー500kcal前後、塩分3g以下、野菜150~250g使用」を守ってきた。はたして洋食メニューで、どこまでこの“おきて”を守りきれるのか。