かつては房総方面・北関東方面へのターミナル駅として重要なポジションを占めていた両国駅。1929年に建設された両国駅旧駅舎は新駅舎の完成でお役御免となり、居酒屋チェーン「はなの舞」系列店が営業していた。だがジェイアール東日本都市開発が「両国の魅力を再認識するための拠点にしたい」と全面的にリニューアル。「江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトとした飲食施設「‐両国‐ 江戸NOREN」として生まれ変わり、2016年11月25日にオープンした。

 館内には江戸の町屋を意識した吹き抜け空間が作られ、中央には日本相撲協会監修の土俵を設置。その回りを取り囲むように、寿司、そば、天ぷらなどの老舗飲食店12店舗が出店している。「両国の歴史を通じ、日本の食文化の伝統を知ってもらうことがコンセプトだったので、江戸時代から庶民に広く食べられていた歴史を持つ料理をそろえた」(同施設営業所の米山拓馬副所長)という。

 両国は鉄道開設以前にも“江戸最大級の庶民の街”としてにぎわっていた歴史を持ち、今は両国国技館や江戸東京博物館、新たに開設される「すみだ北斎美術館」などの文化的な観光資源にも恵まれている。こうした立地特性を生かすため、館内には墨田区が運営する観光案内所を設置し、両国だけでなく墨田区全体の回遊性を高める拠点を目指すという。そのきっかけ作りのために選び抜いたのが、江戸の食文化の魅力を伝える12の飲食店というわけだ。いったいどのような店がそろったのだろうか。

「江戸の食文化」をテーマとした飲食施設「-両国- 江戸NOREN」 。JR両国駅西口直結。開発規模は約2900平米。2階建て。隣には国技館、江戸東京博物館がある。歴史ある両国旧駅舎の外観の面影を残しつつ、改装。直線とアーチ型にデザインされた3つの大きな窓、中央に配した駅時計などを生かしたという
[画像のクリックで拡大表示]
江戸の町屋をイメージした吹き抜け空間が広がる館内
[画像のクリックで拡大表示]
中央には日本相撲協会監修の土俵を設置。江戸時代から両国で興行が行われていた相撲の魅力を発信する
[画像のクリックで拡大表示]