2015年11月19日、渋谷公園通り入口のランドマークとしておなじみの「マルイシティ渋谷」が、「渋谷モディ」としてリニューアルオープンした。モディは丸井グループのエイムクリエイツ(東京都中野区)が運営する商業施設だ。

 コンセプトは「知的商業空間」。のべ4400人の顧客が参加した企画会議をもとに、「衣・食・住」に加え、「遊ぶ」「憩う」「学ぶ」「創る」といった多様なコンテンツを集積したという。

 そのコンセプトを最大限に表現しているのは、5階から7階の「ブック&カルチャー」の3フロアを占める「HMV&BOOKS TOKYO」。ローソンHMVエンタテイメント(東京都品川区)が書籍と音楽を軸に、関連グッズやチケットなど、同グループのエンタメコンテンツを融合させた新業態店舗だ。“渋谷のHMV”としては2010年8月に閉店して以来5年ぶりの復活となる。

 路面には、海外の人気店が2店舗並ぶ。1階にはオーストラリア発のパイ専門店 「パイフェイス」の日本におけるフラッグシップショップがオープン(関連記事「ドーナツの次はパイ専門店!? ダスキンが手がける日本初上陸『パイフェイス』の実力」)。イートインスタイルの店舗としては日本初出店で、オーストラリアの伝統的な具だくさんのミートパイを中心に、セイボリーパイ(総菜パイ)9種類、日本オリジナルのスイーツパイ7種類がそろう。「10月27日にオープンしたばかりのテイクアウト専門業態『ラゾーナ川崎プラザ店』では、早くも多くのリピーターがついている」(同店)とのことで、渋谷の新たなストリートフードとして人気を呼びそうだ。さらにパルコ側に面した1、2階には、ミラノで行列の老舗ピッツェリア「ピッツェリア スポンティーニ」が2店舗目を出店(関連記事「日本初上陸が勢ぞろい!“原宿食戦争”を激化させる新施設『カスケード原宿』とは?」)。

 また会員数100万人超のセレクト・アウトレット型ECサイト「ルクサ」のリアルショップや、ジューススタンドを併設した新業態のコスメショップなど、“新業態”“初出店”ラッシュ。どんな新しい試みが見られるのか確かめるべく、オープン前の内覧会に足を運んだ。

「渋谷モディ」(渋谷区神南1-21-3)。営業時間11~21時(一部ショップは異なる)。壁面には約500インチの渋谷地区最大級の大型ビジョンを設置。正面ファサードにインパクトのあるグリーンを配し、低層部は周辺の街との融合を重視しシックな外壁を採用
[画像のクリックで拡大表示]
イートインタイプの店舗としては初出店の「パイフェイス」。好みのセイボリーパイ1個とサラダのセットは590円
[画像のクリックで拡大表示]
地下1階には、旅行会社「エイチ・アイ・エス」が、本格的なドリップコーヒーを提供するカフェ「猿田彦珈琲」併設のショップを出店
[画像のクリックで拡大表示]
「お得に贅沢体験」がコンセプトのECサイト「LUXA(ルクサ)」の初のリアルショップ「Time mart(タイムマート)」
[画像のクリックで拡大表示]
大阪発のカラオケ施設「カラオケ・レインボー」はシックで重厚感のあるインテリアの個室のほか、多人数のグループ、ミニライブなどへの対応も可能な部屋をそろえているという
[画像のクリックで拡大表示]
1917年創業のきもの専門店「やまと」が展開する新業態「THE YARD(ザ・ヤード)」(4階)は男女関係なく着られる着物を提案
[画像のクリックで拡大表示]
「誰でも気軽に参加できる英会話体験」をコンセプトに、マンツーマン英会話スクールを運営するGABAの新業態「and Gaba.(アンド ガバ)」(5階)
[画像のクリックで拡大表示]