紅茶といえば、伝統的な味やリラックス効果があるなどの印象を持っている人が多いだろう。だが米国ロサンゼルスでは、そんな紅茶のイメージを「革新的」「モダン」なイメージに変えたといわれるティーブランド「ALFRED TEA ROOM(以下、アルフレッド ティー ルーム)」が、セレブやインスタグラマーを中心に人気を集めているという。そのアルフレッド ティー ルームが、日本に初上陸。2017年10月31日、青山本店とルミネエスト新宿店の2店が同時オープンした。

「ALFRED TEA ROOM 青山本店」(渋谷区神宮前5-51-8 ラポルト青山 1、2F)。東京メトロ「表参道駅」徒歩7分。営業時間は9~21時。席数26
[画像のクリックで拡大表示]

 同店の海外進出は今回が初めて。国内外で100以上のカフェやレストラン、ホテルなどを運営するカフェ・カンパニーの楠本修二郎社長が、出張でロサンゼルスを訪れた際に同店を知り、日本への出店をオファーしたという。ドリンクメニューの開発は、カフェ・カンパニーが手がけるティーサロン「LUVOND TEA SALON」(GINZA SIXの銀座大食堂内)店主でティーマイスターの伊藤孝志氏。さらに、日本初ヴィーガンスイーツ専門店「hal cafe 229」のオーナーパティシエなどの経験を持つ岡田春生氏が監修する、100%植物性のグルテンフリースイーツなども販売する。

 米国に新たなティーカルチャーを作ったといわれるアルフレッド ティー ルームとはいったいどんな店なのだろうか。

左から「アルフレッドミルクティー(ボバ入り)」(580円)、「アルフレッドピンクドリンク」(750円)、「ボバ 抹茶ラテ」(650円)
[画像のクリックで拡大表示]
卵、乳製品、小麦不使用でグルテンフリーの「スコーン」(280円)
[画像のクリックで拡大表示]