「ザ・リッツ・カールトン」「シェラトン」「ウェスティン」など多くの高級ホテルブランドを擁する米ホテル大手のマリオット・インターナショナル。同グループが展開する30のブランドの中で最もアバンギャルドで個性的といわれているブティックホテル「モクシー・ホテル」が、日本に初上陸。アジア初でもある「モクシー東京錦糸町」と「モクシー大阪本町」が2017年11月1日、同時オープンした。

 ブティックホテルとは、ファッショナブルなイメージを打ち出した都市型の中小規模のホテルのこと。ホテルブランドが多様化するなか、米国などで急激に増加しているカテゴリーだという。なかでもモクシー・ホテルは2014年9月に最初の「モクシー・ミラノ」をオープンしてから、わずか3年で28のホテルを展開。さらに今、全世界で70以上のホテルの建設契約が進行中と、非常に勢いがあるホテルブランドだ。

11月1日にオープンした「モクシー東京錦糸町」(墨田区江東橋3-4-2)。延べ床面積7465.68平米、地下1階、地上10階。客室数は205室
[画像のクリックで拡大表示]

 ターゲットは20~30代の旅行者。マリオット・インターナショナル ブランド&マーケティング担当のマイク・ファーカーソン副社長によると、この世代は独立心旺盛で旅慣れている一方で、人がすすめるものや口コミによる評価を重視する傾向が強いという。

 「モクシーは、宿泊客同士の密接な触れ合いがあるユースホステルと、プライバシーがきちんと保たれるホテルのスタイルをミックスし、そのどちらにもなかったワクワク感を提供するホテル。無駄なものは省いているが、必要な部分にはきちんとお金をかけている」と、同ホテル総支配人の生沼久キャプテンは話す。

 時期にもよるが、1泊の想定宿泊料金は1万4500~1万7500円。1泊3~5万円前後のラグジュアリーホテルよりは気楽に泊まることができるが、ビジネスホテルよりは高く、それ相応の設備がないと不満が残る微妙なラインだ。実際、どんなコストを削っているのか。そしていったいこれまでのホテルとどう違うのか。確かめるべく、オープン直前の内覧会に足を運んだ。

宿泊客の共有スペースにはテーブルサッカーやボードゲームが用意され、他の旅行者と気軽に交流が楽しめる作り
[画像のクリックで拡大表示]
朝食はコンチネンタルスタイルのほか、好きな種類の麺と具、スープ、トッピングを組み合わせることができる「ヌードル・ブッフェ」も提供。フォー、春雨、ラーメン、うどん、そばから好きな麺を選び、具をのせてキッチンのスタッフに渡すと、麺をゆでて指定したスープをかけて仕上げてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
ヌードル・ブッフェで提供されたラーメン(味噌スープ)
[画像のクリックで拡大表示]