世界的に有名なレストランガイド『ザガット・サーベイ』に6年連続で掲載され、“ステーキの聖地”といわれるニューヨークで今最も勢いがあるといわれている「エンパイアステーキハウス」。その日本1号店が2017年10月17日、東京・六本木にオープンした。同店は産地直送黒毛和牛一頭買いの肉店「Beef Garden」、肉バル「Salt」などを運営するTFM(静岡県藤枝市)が運営する。

 すぐ近くの六本木五丁目交差点周辺には「ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店」(2014年2月オープン)「ベンジャミン ステーキハウス六本木」(2017年6月オープン)というニューヨークの人気ステーキハウス2店がすでに出店している。しかもオーナーはいずれも伝説的なステーキハウス「ピータールーガー」出身。その3店がくしくも遠く離れた東京の六本木交差点徒歩3分圏内に店を構えているのだ。

 なぜ、ニューヨークの人気ステーキハウスがこぞって六本木に出店しているのか。そしてどれくらいの価格帯で、どのような料理を提供するのか。

2017年10月17日にオープンした「エンパイアステーキハウスロッポンギ」(東京都港区六本木6-7-11)。同日オープンの「カンデオホテルズ東京六本木」の1階。営業時間はランチが11時半~15時。ディナーは月~土が17時~23時半。日曜・祝日が17~23時。ホールが約100席、個室2室(合計20席)
[画像のクリックで拡大表示]
六本木店は1920年代ニューヨークの世界観を表現した豪華な空間。同時代にオペラハウスだった雰囲気を残す建物を改装したニューヨークの本店「エンパイアステーキハウス イースト」(以下「イースト」)をイメージしているという
[画像のクリックで拡大表示]
入口を入ってすぐバーコーナーがある。ニューヨークの本店では独り利用も多いそうだ
[画像のクリックで拡大表示]