「トリュフ」といえば世界三大珍味のひとつで、高級フランス料理店にでも行かないと味わえないイメージが強い。だがここ最近、手ごろな価格を売りにするトリュフ料理専門店が相次いでオープンしている。

 2017年7月1日、東京・青山の路地裏にオープンしたのは、「トリュフをつかったフレッシュパスタ」1品のみで勝負する「OUT」。「トリュフになじみがない人も気軽に食べられるように」と、券売機で食券を買って注文するラーメン店のようなシステムにしているのが特徴だ。

 その2週間後の7月14日、東京・六本木の東京ミッドタウンにオープンしたのが、パリ発の「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」だ。提供するのはすべてトリュフを使った料理で、アラカルトが1800円から、トリュフ尽くしのコースも4900円から、ランチ(トリュフのリゾットかパスタとデザート盛り合わせ)なら1900円から提供するという。

 価格はたしかにカジュアルだが、トリュフの量もそれなりなのでは――。そんな疑問を抱きながら、実際に店に訪れて食べてみた。

2017年7月1日にオープンした「OUT」(渋谷区渋谷2-7-14 Vort青山103)。営業時間は18~26時。月曜定休。席数13。予約不可。店名は英国のロックバンド「レッド・ツェッペリン」のアルバム「In Through The Out Door」に由来
[画像のクリックで拡大表示]
OUTの「トリュフをつかったフレッシュパスタと赤ワインのセット」(税込み4000円、パスタ単品だと2900円)。パスタはイタリア産のオーガニック小麦粉、山梨県の農家直送の卵、北海道産のバター、オーストラリア産のオリーブオイルを使用した自家製麺
[画像のクリックで拡大表示]
2017年7月14日にオープンした「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」(港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン「ガレリア」内ガーデンテラス1階)。営業時間は平日が11時~15時半、17時半~23時。日曜・祝日は11~23時。席数は店内69(カウンター10)、テラス席46
[画像のクリックで拡大表示]
アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリの期間限定メニュー「色々茸の温製スープ カプチーノ仕立て」(2400円)。プロヴァンスの最高級トリュフと旬のキノコ数種類を組み合わせたスープ。提供期間は2017年9月15日~11月5日
[画像のクリックで拡大表示]