2017年9月7日、京都市東山の祇園・八坂通りに、三井不動産グループが手がける新ホテルブランドの1号店「ホテル ザ セレスティン京都祇園」が開業した。祇園・花見小路や清水寺、八坂神社など京都観光に欠かせない名所、名刹が徒歩圏内という絶好のロケーション。しかも、繁華街の喧騒とは別世界の、閑静で風情あふれる景観が、魅力のひとつになっている。

 同社はこれまでアッパーミドルクラスの「三井ガーデンホテル」を全国で展開。最近では、東京大手町の再開発プロジェクトでラグジュアリーホテル「フォーシーズンズホテル」を誘致している。京都市内には既存ブランドですでに3ホテルを運営。今回開業した「ホテル ザ セレスティン」はアッパーミドルとラグジュアリーの中間にあたるハイクラスに位置付けられるという。

 新ブランドでの出店となった理由について、同社ホテル・リゾート本部ホテル事業部事業グループの小田祐グループ長は、訪日外国人の顧客ニーズが多様化していることを挙げる。

 「アジアからだけでなく、欧米からの旅行者も増えつつある。また、個人客が再来日で地方を訪れるようになり、旅の目的も変化している。こうした多様化するニーズに対応するため、幅広いカテゴリーの宿泊施設が必要になってきた。宿泊主体型でありながらリゾート型ホテルのような、滞在そのものが旅の目的になるディスティネーションホテルを目指している」

 主なターゲットは、訪日外国人と国内のアクティブシニア、女性同士の旅行客などで、滞在の目的や体験を重視する層。「地域を象徴するロケーションにふさわしい上質なデザインとその土地ならではの滞在体験」「我が家のようにくつろげる心地よい規模のプライベート空間」「心配りの効いたさりげないおもてなし」の提供をコンセプトに掲げる。

 例えば、ロビーのソファーに座ってチェックインを行い、スタッフ名が書かれた手書きのメッセージカードを手渡す。さらに、チェックインから部屋までの案内と誘導を1人のスタッフが対応するなど、顔の見える細やかなサービスを特徴としている。

京都・祇園に開業した「ホテル ザ セレスティン」の1号店。「東山悠遠の邸」を開発コンセプトに、外観は伝統的な入母屋屋根と現代建築を調和させたデザインに。ホテルまでは京都市バス清水道より徒歩約5分、京阪電車祇園四条駅より徒歩約10分、JR京都駅八条口より無料シャトルバスで約20分
[画像のクリックで拡大表示]
エントランスには、湖を感じさせる三木瑛子作銅板アート「水の鉢」を設置。旅館のように、着物を着たスタッフが客を出迎える
[画像のクリックで拡大表示]
高さ約6mの吹き抜け空間が広がる地下1階のロビーラウンジ。花器のアートや枯山水をモチーフにしたオブジェ、立体アートパネルなどを配置。正面の大きな窓には竹林の緑が映し出され、柔らかな光が差し込む
[画像のクリックで拡大表示]
客室に囲まれた庭園は東山の「山中の庭」をテーマとし、四季の変化を体感できる。枯山水の様式を取り入れ、砂利で山の中を流れる渓流を表現
[画像のクリックで拡大表示]
目の前には国宝を有する京都最古の禅寺である建仁寺があり、通りには有名な料理店が軒を連ねる
[画像のクリックで拡大表示]
京都のなかでも古都の風情が色濃く残り、自然と名所に囲まれた東山・八坂通。京都市の祇園町南歴史的景観保全修景地区に指定されている
[画像のクリックで拡大表示]