2016年9月24日、東京・銀座四丁目交差点に新たなランドマークとなる商業施設がオープンした。1970年に建設され、長く親しまれてきた「サッポロ銀座ビル」が全面改築。複合商業施設「銀座プレイス(GINZA PLACE)として生まれ変わったのだ。

 同施設の目玉となりそうなのが、銀座のシンボル的存在だった2つのショールームのリニューアル。同じ場所にあった「日産銀座ギャラリー」は、1階と2階を占める新ショールーム「NISSAN CROSSING」として生まれ変わり、面積も2倍となった。また2017年3月31日で閉館となる銀座ソニービルに代わり、4階から6階に新たなフラッグシップ店「ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」がオープン。どちらも新商品を体験できるさまざまな“仕掛け”を持った、新タイプのショールームだという。

 話題を集めそうな飲食店も多い。7階には、マンダリンオリエンタルパリの二つ星フレンチレストラン「シュールムジュールパールティエリー・マルクス」の総料理長であるティエリー・マルクス氏がプロデュースするフレンチレストラン「ティエリー・マルクス(THIERRY MARX)」と、世界初出店となる新業態の“グランビストロ”「ビストロ・マルクス(BISTRO MARX)」がオープン。同地で長く愛されてきたビヤホール「銀座ライオン」は、以前は天井高の1フロアだったところを「ブラッスリー」と「ビヤホール」の2業態・2フロアに改築し、8月3日より先行オープンしている。10月27日には11階に、JA全農兵庫直営の神戸ビーフを堪能できる高級鉄板焼レストラン「神戸プレジール銀座」がオープン予定だ。

 「商業施設ではあるが、物販だけではなく、日本や銀座の文化と技術の新たな情報発信と交流の場にしたい」(サッポロ不動産開発の生駒俊行社長)、「日本の文化や先端技術に触れたい人々の、新たな“コミュニケーションの通路”にできれば」(サッポロホールディングスの上條努社長兼グループCEO)。同施設には、いったい何があり、どんな体験ができるのか。オープン前日の内覧会で確かめた。

2016 年9月24日にオープンした「銀座プレイス」(中央区銀座五丁目8番1号)。東京メトロ銀座駅A4 出口直結。敷地面積は約645平米、延床面積は約7350平米。外観デザインは国際的に評価が高く、日本への造詣も深い「クライン ダイサム アーキテクツ」が担当。白磁のような表情の精緻な菱形が連続するファサードは、5315枚の多様な大きさのアルミパネルで構成。建物が上昇していき、気持ちが自然に軽やかになるイメージをデザインしたという
[画像のクリックで拡大表示]
2階「NISSAN CROSSING」のガラス面には、LEDを組み込んだ「バーチャル ファサード」を採用。銀座プレイスの外観と連動したファサードモードが彩る
[画像のクリックで拡大表示]
1階エレベーターホールは、世界で活躍する左官職人・久住有生氏による左官仕上げ
[画像のクリックで拡大表示]
日産ショールーム「NISSAN CROSSING」(1・2階)の営業時間は10~20時。1階センターステージで最先端の自動運転機能を搭載した「Nissan IDS Concept」のデモンストレーションが始まると、多くの通行人が足を止めて見ていた
[画像のクリックで拡大表示]
4階から6階には「ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座」が出店。写真は音楽や映像関係の商品をそろえた5階。100型の4K/HDRテレビ「Z9D」(700万円)を展示しているのは世界中でここだけだという
[画像のクリックで拡大表示]
「クロッシング カフェ」(2階)では日本初の「マキ・アート」(税込み400円)を提供。スタッフに店内のタブレットで撮影してもらった自分の顔がマキアートのクリーム部分にリアルに映し出される
[画像のクリックで拡大表示]
7階のテラス席では、向かいにある和光の時計塔を正面から見ることができる
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
記事中に誤りがありました。「2016年3月31日で休業に入った銀座ソニービル」としていましたが、正しくは「2017年3月31日で閉館となる銀座ソニービル」です。お詫びして訂正いたします。該当箇所は修正済みです。 [2016/10/13 15:30]