インバウンド(訪日外国人)の急増に伴い、ホテルの客室稼働率が高止まりの関西では、今年も宿泊施設の開業ラッシュが続く。そんななか、ラグジュアリーホテルやビジネスホテルのみならず、町家をリノベーションした施設や新タイプのカプセルホテルなどが続々登場。関西国際空港に発着する格安航空(LCC)の増便などによって個人旅行やリピーターが増えている。

6番目のUSJ公式ホテルを手がけるのは業界の異端児

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの最寄り駅、JRユニバーサルシティ駅の改札に直結する絶好のロケーションに8月26日オープンしたのが、「ザ シンギュラリ ホテル&スカイ スパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルホテルとしては6番目。周辺には「ホテル京阪 ユニバーサル・シティ」と「同タワー」(ホテル京阪)、「ホテル近鉄 ユニバーサル・シティ」(近鉄・都ホテルズ)、「ホテル ユニバーサル ポート」(オリックス不動産)、「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(東急ホテルズ)が建ち並ぶ激戦区だ。

 同ホテルを運営するのは、既成観念を覆す発想で業界に新風を吹き込んだ「カンデオホテルズ」だ。リーズナブルな価格とシティホテル並みの機能性を兼ね備えたホテルをコンセプトに2005年に創業。ザ シンギュラリ ホテルは同社が手がける15番目のホテルとなる。客室数は390室で、フラッグシップホテルという位置づけだ。

 カンデオ・ホスピタリティ・マネジメントの穂積輝明会長兼社長は、「5つ星ホテルは高くて気軽に使えないし、3つ星では寂しい。その中間を意識している。5つ星ホテルほどゴージャスでなくても非日常の感覚が楽しめるホテル、という独自のポジションをめざしている」という。

 初のUSJオフィシャルホテルを手がけるにあたり、同社ではアジア各国に出向き、訪日外国人のニーズを徹底的に調査。その声を朝食や大浴場などに反映させ、さらに内装の仕様も既存ホテルに比べてグレードアップさせた。「出店するたびに改善とチャレンジを繰り返している。通常のチェーンオペレーションとは違うやり方だ」(穂積会長兼社長)。

JRユニバーサルシティ駅の改札に直結する、地下1階、地上17階建てのビルの2~14階に入居。客室数は390室。2階と15~17階にはブライダル施設が入っている
[画像のクリックで拡大表示]
ホテルのロビー。「ジャパンクールデザイン」をコンセプトに、和とモダンを融合したしつらえを全館に採用
[画像のクリックで拡大表示]
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスタジオ・パスは2階の専用カウンターで購入できる。待ち時間を確認できるモニターも設置
[画像のクリックで拡大表示]
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの周辺には、6つのオフィシャルホテルが建ち並ぶ。近くには新しいホテルも建設中
[画像のクリックで拡大表示]