日本橋浜町を盛り上げることを目的にした「浜町プロジェクト」を推進している安田不動産は2017 年9月9日、住民のコミュニケーションの基盤にするための新施設「hama House」と「HAMA1961」をオープンした。

 hama Houseは1階が書店兼カフェ、2階はオープンキッチンやレンタル会議室と、同施設全体をプロデュースしたgood morningsの本社オフィス、3階はクリエイターのためのスモールオフィス、屋上には会議も可能なルーフテラスが配置されている。HAMA1961は1961年に建設された建物をリノベーションした施設で、1階に直営店としては日本初上陸となるフランス発ステーショナリーショッププロダクトブランド「PAPIER TIGRE(パピエ ティグル)」が出店し、2階はシェアオフィスになっている。

 安田不動産は古くから日本橋浜町で貸地事業を営み、貸地を共同ビル化して多くの貸ビル事業を手掛けてきた。最近では日本橋浜町Fタワー(1998年)、スカイゲート(2003年)、トルナーレ(2005年)などがよく知られている。しかしここ数年、同エリアのオフィスビル全体の賃料が下がり、空室も目立つようになってきたという。

 同社ではビルごとのリノベーションなども積極的に行ってきたが、それ以外で競争力を保持し、認知度を向上させる方法はないか検討し続けた。その中で浮上したのが、自社管理している土地を活用した街おこしプラン。「愛着を持ってもらえる街を作っていくことでエリアとしての魅力を発信し、浜町の地位(ぢぐらい、地のグレード)を上げていきたい」(同社の須川和也取締役)。「浜町は日本橋地区の中でも最も夜間人口が多く、30~40代の子育て世代の居住者が多い。そのため、幼稚園や小学校は増築してもすぐ定員オーバーになっている状態。また日本橋に近く、昔からの下町チックなカルチャーや人情もある。もっと居心地の良い街になるポテンシャルを秘めている」(安田不動産 開発事業本部 開発第三部第一課の豊田裕史副長)。

 “愛着を持ってもらえる、魅力ある街づくり”のために安田不動産が考えた戦略とは、いったいどんなものなのか。プロジェクトの象徴となる新施設「Hama House」「HAMA1961」には、どんな仕掛けがあるのか。オープン直前の内覧会に足を運んだ。

2017 年9 月9 日にオープンした「Hama House」(写真左/中央区日本橋浜町3-10-6)と「HAMA1961」(写真右/中央区日本橋浜町3-10-4)
[画像のクリックで拡大表示]
Hama House1階のブックカフェの営業時間は平日が8~21時、土日が10時半~18時。21席。不定休。天井高が5mあるのは「天井が高いと人が集まりやすい」と考えたため
[画像のクリックで拡大表示]
Hama Houseで提供するランチの一例。「ヘルシー デリ プレート」(850円)。「サツマイモ、カボチャ、クリ、レンコン、ギンナンのグリル」「味噌焼き豚」「焼き塩サバ 野沢菜と香味野菜のサルサ」「ブロッコリーとインゲン、ズッキーニ、オクラ 豆腐柚子胡椒ドレッシング」「ニンジン、ダイコン、ゼンマイ、モヤシ、ホウレンソウ、紫キャベツの彩りナムル」と、非常にヘルシーで充実した内容だ
[画像のクリックで拡大表示]
HAMA1961の1階には直営店として日本初上陸となるフランス発ステーショナリーショッププロダクトブランド「パピエ ティグル」が出店。営業時間は11~19時、定休日は日曜と月曜。カフェスペースは12席
[画像のクリックで拡大表示]
パピエ ティグルは異なる農園の12種類の日本茶を提供する初のサロン「サロン・ド・パピエ ティグル」を併設。12種類の煎茶(580円~)は三煎まで飲むことができ、三煎目は炒り玄米をプラスして玄米茶で提供する
[画像のクリックで拡大表示]
サロン・ド・パピエ ティグルでは人形町の玉英堂の季節の和菓子(500円)も食べられる
[画像のクリックで拡大表示]