東京・池袋駅の東口にあるジュンク堂書店の隣に2017年8月10日、都内最大級の文具店「丸善 池袋店」がオープンした。地上2階、地下1階の店舗は、地下1階の売り場面積が約150坪あり、一般文具と画材のコーナー、1階はブック&ステーショナリーカフェになっている。2階は高級文具、雑貨のほかにサロンスペースがあり、売り場面積は合計で400坪、文具アイテム数は約6万5000点と大規模な文具専門店だ。

丸善 池袋店の外観。ジュンク堂書店に向かって左隣のビル。池袋駅東口から徒歩7分程度。ガラスの向こうに見える電車が目印だ
[画像のクリックで拡大表示]
入り口を入って、正面の階段を上ると2階の高級文具コーナーへ。写真手前側にカフェ「ほんのひととき」がある
[画像のクリックで拡大表示]

 丸善は都内に12店舗あり、その中でカフェを併設する大型店は3店。日本橋丸善は40~50代がメインの重厚な書店、丸の内の丸善は30~40代が中心で、店舗作りもそれに合わせ、文具も高級文具が中心だ。そんななか、若い年齢層が多い街である池袋の丸善では、20~30代が気軽に入れるように店作りをしたのだそうだ。店内のムードも全体的に明るく、POP類は少なめにして「商品を見て選んでもらう」ことを考えたレイアウトになっている。

丸善池袋店内のカフェスペース「ほんのひととき」。奥のカウンターで注文して商品を受け取るセルフ方式。コーヒーはケニア産の豆を使ったシングルオリジンを提供する
[画像のクリックで拡大表示]

 入り口は池袋への交通アクセスの要とも言える西武線の車両のフロント部分がそのまま展示されているので、待ち合わせ場所として使うのにもってこいだ。1階は広々としたカフェ「ほんのひととき」に、旅文具や旅関係の本、話題の本のほかに、現在コラボ企画が開催されている、全10巻で300万部を超える大ヒットとなった、江戸時代のレシピ集が付いた時代小説「みをつくし料理帖」の関連書籍などが並ぶ。カフェの名物は、何といっても、丸善の創業者である早矢仕有的(はやし ゆうてき)氏が考案したという伝統の「ハヤシライス」(850円)。他店とは盛り方などが多少違うが、肉やソースは同じもの。ここでは客層も考えて、セルフサービスにすることで安価で提供している。

丸善名物「ハヤシライス」(税込み850円)のほかに写真の「季節野菜のハヤシライス」(税込み950円)など、4種類のハヤシライスがある
[画像のクリックで拡大表示]
全10巻で300万部を超える大ヒットとなった高田郁の時代小説「みをつくし料理帖」とカフェ「ほんのひととき」の限定コラボメニュー「みをちゃんデザートセット」(コーヒー付き税込み700円)
[画像のクリックで拡大表示]
料理本や鉄道の本が並ぶ平台。一部、鉄道関係をモチーフにした文房具も並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
「地下1階と1階の売り場面積が約150坪」は誤りで、正しくは、「地下1階の売り場面積が約150坪」です。「2階は高級文具、雑貨のほかにイベントスペースがあり」は誤りで、正しくは「2階は高級文具、雑貨のほかにサロンスペースがあり」、「「みをつくし料理帖」×「ほんのひととき」の関連書籍」は、正しくは「「みをつくし料理帖」の関連書籍」でした。また、写真の説明で、「ジュンク堂」は正しくは「ジュンク堂書店」、写真の料理は丸善名物「ハヤシライス」は誤りで、正しくは「季節野菜のハヤシライス」でした。お詫びして訂正します。[2017/8/24 16:25]