2017年8月3日、東京・渋谷にマンガ喫茶「Hailey'5 Cafe」(ハイリーファイブカフェ、以下、ハイリー)がオープンした。手がけるのは、「漫画喫茶ゲラゲラ」(以下、ゲラゲラ)を運営するソーエキサイト(東京都渋谷区)だ。

 同社によると、ゲラゲラ利用者は9割が男性で40代以上が中心。だが、2015年8月、池袋に「18歳以上限定」「防音完全個室」「オートロック」を売りにしたハイリー1号店をオープンしたところ、客層が激変。利用者の53%を若年層の女性が占め、カップルでの来店が全体のほぼ半数に上ったという。

 一般的に、インターネットカフェやマンガ喫茶は女性と比べて男性の利用者が圧倒的に多い。そのため、女性1人客でも安心して利用できるように、女性専用エリアを作るなどの動きは以前からあった(関連記事:「《女性専用エリア潜入記》高稼働率で人気の女子専用ゾーンで見つけた“秘密コミック”とは?」)。だが、ハイリーは女性専用ではなく、あくまでも“女性向け”をうたっているだけ。通常のマンガ喫茶と同じように男性も利用できる。ハイリー1号店が女性やカップルから支持される理由を探るべく、オープン直前の2号店に足を運んだ。

「Hailey' 5 Cafe 渋谷」(渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル7F)。24時間営業、無休。料金は平日(日曜18時~金曜18時)1時間500円、3時間1200円、8時間2500円、12時間3000円。週末(金曜18時~日曜18時)は割り増し料金となる
[画像のクリックで拡大表示]