カラオケの「JOYSOUND」直営店を展開するスタンダードは2017年7月20日、JOYSOUND品川港南口店でカラオケ業界で初となる京急電鉄とのコラボレーション企画「京急電鉄カラオケルーム」を6カ月間の期間限定でオープンした。鉄道ファンを中心に静かなブームを起こしつつある「鉄道カラオケ」とは?

JOYSOUND 品川港南口店の受け付けカウンター。報道向け内覧会には京急の関係者とマスコットキャラクター「けいきゅん」も登場した
[画像のクリックで拡大表示]

 多くの人は鉄道カラオケと聞いてもピンと来ないだろう。「鉄道唱歌」など鉄道を題材とした楽曲を歌うわけではない。「進行!」「まもなく 品川 品川です」「降り口は左側です」など、鉄道の運転士や車掌が普段から行うアナウンスをカラオケでやってみようというものだ。

 鉄道マンは実は声をよく使う職業だ。運転士は信号機や速度メーターなどを視覚だけではなく声に出したり指を差したりして確認する。見間違えや思い込みを防ぐためだ。よく聞く「出発進行」などの掛け声も「出発信号機が進行可能な状態(青)になっているのを確認した」という意味だ。車掌に関しては最近は自動アナウンスが増えてきたが、到着駅や乗り換え列車などのアナウンスはなじみ深いものだろう。鉄道に興味があれば、こうしたアナウンスを1度はマネした経験があるのではないだろうか。

 JOYSOUNDでは2016年4月から京急電鉄など私鉄各社の協力を得て、全国の店舗でこの鉄道カラオケのコンテンツを30曲近く展開している。歌われる頻度はメジャーな曲目と比べると低いものの、JOYSOUNDが配信している全27.7万曲のなかで1万位以内に入った曲目があるとのこと。メインユーザーはやはり鉄道ファンだが、子供にも人気のコンテンツとなっており、家族連れが利用するケースが多いという。

鉄道カラオケはこのような運転席の展望映像と、歌詞としてアナウンスが流れる。この内容やタイミングも各鉄道会社が監修
[画像のクリックで拡大表示]
「京急電鉄カラオケルーム」の様子。鉄道員のようなコスチュームもレンタルできる
[画像のクリックで拡大表示]