大阪市中央区の大阪城公園内に2017年6月22日、飲食店など22店舗が集積する複合商業施設「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ、以下ジョーテラス)」が開業した。

 JR大阪環状線大阪城公園駅から大阪城ホールまでのエリアに作られたもので、7棟の建物からなり、延床面積は約5000平方メートル。飲食店を中心に、ランナーサポートや和装体験の施設、外国人観光客にも対応するインフォメーションなど、大阪城と界隈を満喫できる利便性の高い施設が集結した。

 大阪城公園はこれまで大阪市と外郭団体が管理運営してきたが、2年前に運営主体を大阪城パークマネジメント(大阪市)に移行。2012年に策定された「大阪都市魅力戦略」に基づき、世界的な歴史観光拠点をめざして新たな魅力とにぎわいの創出に取り組んできた。2016年度にはインバウンドの増加も手伝い、天守閣の来場者数が過去最高の255万人を突破。姫路城を抜いて日本一来場者が多い城になった。公園全体では年間1000万人以上が訪れるという。「にもかかわらず、公園内に食事ができる施設がまったくなかった。今日を機に朝から夜まで公園で過ごしていただけるようになった」と、同社の木下健治社長は語る。

 ジョーテラスと最寄り駅のJR大阪城公園駅とはペデストリアンデッキで直結。高齢者や障害者がアクセスしやすくなったほか、小さな子供連れ向けに授乳室も設置された。今回オープンしたのは20店舗で、10月には和モダンのフードコート&店舗、12月にはミシュランシェフ監修のコース料理を堪能できるフレンチレストランがオープンする。

 早くも話題のジョーテラスの注目店舗をまとめた。

JR大阪城公園駅前にお目見えした複合商業施設「ジョー・テラス・オオサカ」。7棟の建物に飲食、物販など計22店舗が入る。延床面積約5000平方メートルで長さにすると150メートル
[画像のクリックで拡大表示]
自然と調和した設計で、緑豊かな公園のなかを散歩しながら店を見て回ることができる
[画像のクリックで拡大表示]
オフィスビルやホテル、ホールなどが集積し、就業人口約3万7000人の大阪ビジネスパークからも至近にある
[画像のクリックで拡大表示]
大きなひさしが特徴的なBテラスには、大阪発祥のふわふわパンケーキ専門店「グラム」と、昔懐かしい喫茶店のメニューを味わえる「駅前パーラー」、パイ生地のピザが有名な「イタリアンダイニング ナトゥーラ」が軒を連ねる
[画像のクリックで拡大表示]
JR大阪城公園駅とは約60メートルのペデストリアンデッキで直結。2階の改札から階段を降りずに移動できるバリアフリー設計。エレベーターは電車の始発と終電に合わせて稼働する
[画像のクリックで拡大表示]